■ 音楽アプリ 「Lumit」

Lumit(ルミット)」は、iOS、Android、パソコンのどれでも利用できる「パーソナル・ラジオ・アプリ」。

 

アプリを起動したときの気分を選ぶと、選んだ気分に合った曲が流れる。流れた曲が気分に合わなければスキップできる。さらに、「いいね」「イマイチ」といったボタンを押すと、Lumitが好みを学習して選曲を変化させてくれるという、なかなかに考え抜かれた仕組み。

 

聞いていると、知らない素敵な音楽にたくさん出会える無料アプリ。

 

■ Lumitに曲を登録した

Lumitに曲を提供しているのは、「Frekul(フリクル)」という音楽関連サービス。個性あふれる多くのアーティストが楽曲を提供している。ルーク野村としても、自分の第3弾シングル「汝の敵を愛せよ」を、Frekulをつかって曲を登録した。

 

「汝の敵を愛せよ」をLumitをつかって聴く

 

Lumitはパーソナル・ラジオ・アプリというしろものなので、聴くだけ。ダウンロードはできない。

また、音源はmp3に限定されているので、普通に聴くには充分だが、音質も中程度。

 

iTunes Storeなどでルーク野村の曲を買ってくれた人のように、いつでも好きな時に高音質で聴くことはできないラジオなので、多くの人に聴いてもらえると思いLumitに曲を提供した。

 

Lumitを使ってみると、その時の気分にあわせて、さまざまなアーティストの曲がきけて、けっこう面白い。

 

音楽は、個人の嗜好が激しいので、上手い・下手や楽曲の完成度が高い・低いなど関係なく、聴きたくないものは聴きたくない。こういう場合に、スキップして次の曲を聴けるのがうれしい。こういうサクサク聴く感覚を維持するために、あえて、mp3形式=データ圧縮しているのでデータ通信が速い、を採用しているのかもしらん。

 

興味のある方は、いちど、Lumitをつかってみては、いかがでしょ。その際、ルーク野村の曲から聴いてみてくださいませ。

 

「パーソナル・ラジオ・アプリ」Lumit(ルミット)のトップページ

ルーク野村の第3弾シングル「汝の敵を愛せよ」からLumitを聴きはじめるときは、こちら

 

■ 関連記事

ラブソングを書かない理由

常識あるひとになりたくない

第3弾シングル「汝の敵を愛せよ」について