何者かにならなきゃ、と思っているあなたへ。実は、何者かになる必要は、ないのです。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

でもって、「ファンキー癒し音楽」のルーク野村です。

立派な人、地位・名誉のあるひと、お金持ち、など社会に認められる何者かになりたいひとは、多いと思います。

でも、実は何者かにならなくても、いいのです。何者かにならなくては、という想いは単なる思い込みです。

この記事では、何者かにならなくてもよい、という考え方を紹介します。

■ 漁師とコンサルタント

今回の主題「何者かになる」について考えたときに、ある小話を思い出しました。

2015年ころにネット話題となった、メキシコ人漁師とMBAコンサルタントの話。この話を知っているひとはいるかと思いますが、以下に、紹介します。

メキシコ人漁師とコンサルタント

登場人物は、MBAを持つアメリカ人コンサルタントと、メキシコの小さな漁村の漁師。コンサルタントが休暇でメキシコの小さな漁村を訪れ、漁師に会ったときの話。

おいしそうで高値で売れそうな魚を釣って漁村に帰ってきた漁師をみて、コンサルタントが漁師に話しかけます。

  • コンサルタント「魚をつるのに何時間かかったのかな」
  • 漁師「数時間かな」
  • コンサルタント「なぜもっと長い時間かけてたくさん釣らないのか。家に帰って何をするのか」

すると、漁師は、こう答えました。

妻とのんびりする。一緒にシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と遊ぶ。夕暮れにはワインを傾けながら家族と会話。それで、寝る。

  • コンサルタント「もう少し頑張って漁をしないのか」
  • 漁師「なぜ、頑張るのかな」
  • コンサルタント「もっと漁をすれば、もっと魚が釣れ、もっと多くの金が手に入り、船が買える。そしたら人を雇って、もっと大きな利益がでる」
  • コンサルタント「都市のレストランに直接納入すれば、もっと大きな利益がうまれる。メキシコシティ→ニューヨークに進出して会社経営をすると、もっと儲かる」
  • 漁師「そのあとはどうするんだ?」
  • コンサルタント「企業をIPOさせて巨万の富を手に入れるんだ」
  • 漁師「巨万の富を得たあと、どうするのか?」

すると、コンサルタントは、こう答えました。

そしたらリタイヤだ。小さな海辺の町に引っ越し、妻とのんびりする。一緒にシエスタを楽しみ、午後にはギターを弾きながら子供と遊ぶ。夕暮れにはワインを傾けながら家族と会話。それで、寝る。

  • 漁師「そんな生活なら、もう手に入れている」

巨万の富を得る苦労を重ねて、今と同じ生活に戻る、というオチ。漁師とコンサルタントの小話は、ここまでです。

■ 小話の解釈

この話の解釈は、ひとによって様々です。

  • 金があれば豊かな生活が送れるから、コンサルタントの言う通り!
  • いちいち巨万の富を得る労力を払って、今と同じ生活を目指すのは馬鹿げている!

ひとそれぞれ、育った環境や価値観によって解釈が異なるのは、この話に限ったことではないです。

一般的な社会通念に基づくと、巨万の富を得て悠々自適な生活をするのが理想なんでしょう。

一方、この話の私の理解は、何者かになる必要がない、という解釈です。

■ 何者かになることは、手段

あなたは、何者かになろうとしていますか?

  • 立派な人
  • 地位・名誉のある人
  • 有名人・著名人…など

なろうとしているなら、なんで何者かになろうとしていますか?

何者かになって幸せになりたいからですか?であれば、幸せが目的なんですよね。

何者かになることは、目的ではありません。手段です。

■ 誰が何者かになれと決めたのか

「いやいや、今のままでは幸せではない」

あなたがこう考えるとしたら、以下のような考え方ではないか、と思います。

  • 今の自分が不満
  • 何者かになれば満足
  • だから、何者かになれば、幸せ。

でも、何者かになると不満が解消するという考え方は、誰が決めたのでしょうか

何者かにならなきゃいけない、と決めているのは、自分ではありません。

社会や周囲が決めた考え方です。

■ 何者かになろうとすることが苦悩の元凶

そもそも、あなたは何者かになる必要はないのです。

社会や周囲が、何者かになるよう要請していて、あなたの過去の経験からその要請が正しいと思い込んでしまっているだけです。

あなたが、過去の経験に基づき思い込んでしまっている「何者かにならなければ」という思い込みが、あなたを苦しめているのです。

このことに気づけば、「何者かにならなきゃいけない」という思い込みから解放されます。

「何者かにならなきゃ。でも、なれない」

何者かになろうとすること自体が、苦悩の元凶なのです。

何者かになろうとするのを、やめませんか。あなたは、あなたのまま、そこに居ればいいのです。

■ まとめ

メキシコ人漁師とMBAコンサルタントの話を引き合いに、何者かになる必要があるのかな、という話をしました。

そして、何者かになることは手段であって、社会や周囲からの要請に基づき、あなたが受け入れた考え方という説明をしました。

幸せになるために何者かになろうとするのだけど、何者かになろうとすることが、苦労の原因なんです。

何者かになろうとする思い込みから、解放されるといいですね。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

■ ルーク野村 ライブ動画を2曲プレゼント!

ファンキー」な曲に、新しい時代を自分らしく楽しく生きる「癒し」の歌詞を乗せた「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。

ルーク野村のメルマガの購読登録すると、ルーク野村オリジナル曲のライブ動画を2曲フルコーラスでプレゼントします。

上記のYouTube動画は、プレゼントするライブ動画のダイジェスト版(5分弱の動画)で、プレゼント動画は、以下のオリジナル曲です。

  1. 永遠の29歳
  2. 汝の敵を愛せよ

オリジナル曲「汝の敵を愛せよ」の歌詞を、以下に紹介します。

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

会社の上司ですか
やつですか

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

わがままばかりを言う
あいつですか

嫌いな人は
あなたの心の

奥底にある
ゆがみを教えてくれる

心のゆがみを
取り去ると

あなたのココロに
やすらぎが訪れる

嫌いな人を 愛そう
汝の敵を 愛せよ

嫌いな人は、あなたのココロの奥底を映す鏡。だから、嫌いな人には、自分のココロを映してくれてありがとう!と、感謝しましょう。

こんな突拍子もない想いでつくった、ルーク野村の第3弾シングル「汝の敵を愛せよ」。

ルーク野村のメールマガジンに登録(無料)すると、「汝の敵を愛せよ」を含むルーク野村のライブ動画を2曲プレゼントします!

ここをクリック、または、以下の画像をクリック/タップして、あなたのメールアドレスを入力するだけで、ルーク野村の無料メールマガジンを購読できます!