わかりやすい楽譜を作成すると、コミュニケーションが円滑になる。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

でもって、「ファンキー癒し音楽」のルーク野村です。

わかりやすい楽譜を書くことができれば、演奏する仲間と円滑にコミュニケーションできるが、どういう楽譜が分かりやすいのか分からないひとも多いと思う。

でも、コツがわかれば、わかりやすい楽譜を書くことは、そんなに難しいことではない。

この記事では、楽譜をあまり書いたことのない初心者にも理解できるよう、実例を記載しながらわかりやすい楽譜の書き方を紹介していくね。

■ 1段は4小節

楽譜の1段は4小節にしよう。

・基本ルールは1段4小節

ロックやJ-Popをはじめとするポップスは、たいていの曲が4の倍数の小節数で曲が構成されている。

たとえば、Aメロ16小節、Bメロ8小節、Cメロ(サビ)8小節、など。4の倍数なので、楽譜の1段を4小節とすることにより、曲の進行がわかりやすくなる。

市販の楽譜含め、たいていの楽譜は1段4小節の構成となっている。

・ルールに外れると読みにくい

だが、一部の箇所で1段が3小節や5小節となっている楽譜を、たまにみることがある。

歌詞の意味でまとめたいのか、音符の数が多いからか。

理由はあると思う。

ただ、このような場合、続くBメロやCメロが段の途中から始まるので、非常に読みにくい楽譜となってしまうので、注意しよう。

・例外的な場合

1段4小節は基本ルールだが、例外的に間奏が1-2小節入る場合がある。

たとえば、 Bメロ16小節とCメロ(サビ)8小節の間に1小節という場合。

この場合は、間奏の小節をBメロの最後かCメロのアタマに加え、そこだけ1段を5小節にする。

このようにして、極力、1段4小節のルールを適用して読みやすい楽譜を書こう。

■ リハーサルマークと二重線

リハーサル記号と二重線も、楽譜をわかりやすくする重要な要素だ。

リハーサルマークとは、□(四角)で括ったA、B、Cという文字を指す。リハーサル(練習)するときに、A部分を練習する、BからはじめてCまでを練習するなど、曲の場所を指定するの用途で使う。

いわゆるAメロにリハーサルマークのA、BメロにリハーサルマークのBという具合にリハーサルマークをつけていくと、パッとみたときに曲の構成がわりやすい。

上記の1段4小節のルールが適用されていると、基本的にリハーサルマークは左側に並んで記載されるので、わかりやすい。

さらに、リハ―サルマークごと小節の二重線をに記入すると、楽譜が読みやすくなる。ぜひ試してみてほしい。

このように、リハーサルマークと二重線を使うと曲の構成が視覚的にわかりやすくなる

■ 譜割りを意識する

譜割り(音符の振り分け)を意識して楽譜を書くと、わかりやすい楽譜になる。

・8分音符の譜割り

たとえば、8分音符の譜割りを意識した楽譜を考えてみよう。

以下は、楽譜としては正しい。

ただ、「お」の音が8分音符の裏拍であることが、パッと見て分かりにくい。なので、以下のような譜面にしたほうが、読みやすいといえる。

このように、八分音符の譜割りを意識して書いたほうが、楽譜を読む人に伝わりやすい。

・16分音符の譜割り

同様に、16部音符の譜割りを意識してみよう。

以下も、譜面としては正しい。

ただ、「う」の音が16分音符の裏拍となるか、見た目では判断つきにくい。なので、以下のように書いたほうが分かりやすい楽譜といえる。

・応用編として

上記の応用編として、16分音符が3-3-2となる場合を紹介するね。

16分音符が3-3-2となる場合の楽譜を、俺はずっとこう書いていた。

ただ、あるとき以下のように書き換えたほうが分かりやすい、とアドバイスをもらった。

アドバイスをもらったときは、自分にとっては読みやすさは変わらないと感じた。でも、16分音符の裏拍が視覚的に理解できるので、こちらのほうが優れた表記法と理解した。以来、アドバイスしてもらったほうの書き方を採用している。

■ わかりやすくする工夫

ここまで説明した方法に加え、分かりやすくする工夫をしよう。

バンドの場合、楽譜がわかりやすいと演奏してくれるバンドメンバの理解が速く正確になり、リハーサル(練習)の効率もあがる。

バンドでなくても、以下のような時に、楽譜が分かりやすいと効率がよい。

  • オープンマイクで演奏してくれるミュージシャンに、楽譜を渡す
  • DTMで音源を共同制作するとき、共同制作者に自分の楽曲の構成を伝える

楽譜作成に、ひと手間かけよう。

ミュージシャンや共同作業者に理解してもらうための楽譜作成時の工夫について、俺の経験に基づいて、いくつか紹介するね。

・rit.の位置は正確に

rit.(リタルダンド=だんだん遅く)の記載場所は、正確にしよう。

バンドで演奏する場合、指揮者がいるわけでない。メンバ全員が共通の理解を持つことで、曲がまとまる。

特に、rit.は、バンドのメンバが勝手な理解でいると、好きなところで勝手にだんだん遅くしてしまう。すると、曲がガタガタになる。

たとえば、以下のようなエンディングがあって、最後にだんだん遅くしたいので、rit.と書いたとする。これだと、書いた場所がいい加減で、小節のどこから遅くなるのか、よくわからない。

そうではなくて、たとえば3拍目から遅くするなら、以下のように3拍目に明記しよう。そうすると、最初の2拍「きょくが お」までは、インテンポ(通常テンポ)で演奏するのが明確になる。

rit.は小節の適当な場所に書くのではなく、譜割りに合わせて記入しよう。

・歌詞を正確に書いておく

歌詞を正確に書いておいたほうが、楽譜を実際に使う時に便利だ

たとえば、自作曲は、自分が歌詞を暗記していることが多い。自分が歌うのであれば、歌詞を楽譜にわざわざ記入するのは面倒だ。

同時に、バンドメンバーは楽譜の歌詞を追って、自分が正しく演奏できているか確認していることがある。自分が楽譜を配られて演奏する立場にたてば、歌詞が記載されていると便利なことは容易に想像できる。

楽譜には、面倒くさがらずに歌詞を記入しよう。1番・2番があるなら、正確に記入したほうがいい。

二番の歌詞もあると、よりよい

歌詞が演奏の補助になり、練習の効率がよい。オープンマイクなどで楽譜を渡すときでも、同じ理由で歌詞を正確に書いておくと、演奏するミュージシャンはやりやすい。

面倒くさがらずに、歌詞は正確に記載しよう

・速度表示を明記

速度表示を、忘れずに明記しておこう。

具体的にいうと、メトロノーム記号(♩=120のような表記)表記で数字を記載しておくとよい。

というのも、バンドでも個人でも、練習をして、ある曲の一番よい演奏速度が把握できたとしよう。頻繁にその曲を演奏する機会があれば、「この前のあの感じで」というように、速度を記憶しているので問題ない。

ただ、数か月演奏する機会がない曲のような場合は、いい感じの速度を、結構忘れることが多い。

「えぇと、この曲はどんな速度だっけ?」と思いだすのは、結構時間がかかる。

この手間を減らすためにも、メトロノーム記号の数字で、楽譜に記録しておこう。

・スタッカート/テヌートは明確に

スタッカートとテヌートは、ちゃんと書いておこう。

クラシックの楽譜で使われる音楽記号が、ロックやポップスでは使いにくいことがある。典型例は、ff(フォルテシモ)やpp(ピアニシモ)などの強弱記号。

バンドの楽譜に「ff」と書いてあっても、どんな風に演奏していいのか、正直わからない。

一方で、スタッカート(・)とテヌート(-)は、書いておくと伝わる

特に、ホーンセクション(トランペット・サックスなどの管楽器)では、アーティキュレーション(強弱表現)を合わせることが重要なので、 スタッカート(・)とテヌート(-) を楽譜に書いておくと、基礎的な理解が共有できる。

ホーンセクションでなくても、たとえばピアノで伴奏してもらうときでも、気の利いたピアニストであれば、スタッカート(・)とテヌート(-)をちゃんと弾いてくれる。

スタッカート(・)とテヌート(-)は、書いておくと便利なのでオススメ。

■ まとめ

ここまで、以下のようなことを説明した。

  • 楽譜の1段は4小節にするのが基本ルール。
  • 8分音符や16分音符の譜割りを意識すると楽譜が読みやすくなる。
  • 以下のような工夫をすると読みやすくなる。
    – rit.の位置は正確に
    – 歌詞を正確に書いておく
    – 速度表示を明記
    – スタッカート/テヌートは明確に

読みやすい楽譜を用意しておくと、演奏してくれるミュージシャンに速く正確にコミュニケーションできるようになる。

よみやすい楽譜を活用して、楽しく仲間と演奏できると、いいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

上手い歌い方の基礎テクニック | 楽譜を手元に用意しよう

歌を歌う時の姿勢 | 正しい姿勢2通りのイラストつき

マイクの持ち方 – うまく歌うには体幹を意識しよう

■ ライブ動画を2曲プレゼント!

ファンキー」な曲に、新しい時代を自分らしく楽しく生きる「癒し」の歌詞を乗せた「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。オリジナル曲の歌詞は、たとえば、こんな感じ。

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

会社の上司ですか
やつですか

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

わがままばかりを言う
あいつですか

嫌いな人は
あなたの心の

奥底にある
ゆがみを教えてくれる

心のゆがみを
取り去ると

あなたのココロに
やすらぎが訪れる

嫌いな人を 愛そう
汝の敵を 愛せよ

嫌いな人は、あなたのココロの奥底を映す鏡。だから、嫌いな人には、自分のココロを映してくれてありがとう!と、感謝しよう。

こんな突拍子もない想いでつくった、ルーク野村の第3弾シングル「汝の敵を愛せよ」。

「ファンキー癒し音楽」のライブ動画を観てみたいと思った、あなた。

ルーク野村のメールマガジンに登録(無料)すると、「汝の敵を愛せよ」を含むルーク野村のライブ動画を2曲プレゼントします!

ここをクリック、または、以下の画像をクリック/タップしてルーク野村の無料メールマガジンを申し込もう!