「寄らば大樹の陰」という言葉は、時代遅れで、意味を失った。

こんにちは!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音。新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

でもって、「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。

「寄らば大樹の陰」という言葉の意味は、仮に身を寄せるとするならば、大木の下のほうがが安全である、ということ。

転じて、頼るならば、勢力のある人、大きな組織のほうがよいというような意味だ。

この言葉の意味や考え方に、賛同するひとは賛同すればいいと思う。

ただ、この言葉の意味や考え方に違和感を覚える人は多いのでは、と感じている。特に、世の中が急激に変換している現在において、この言葉の考え方が、これからの時代には合わない、と直感的に思うひとは多いだろう。

このような、古臭さ、時代遅れ感は、どこから来るか。

■ 大きいことはいいことか?

まず、かつては、大きいことがいいこと、とされてきた。

例えば、大企業は資本の理論が働いて効率がいい。経費率が低い。外注業者や取引先に影響力を持つ。投資余力があるので、新規事業を赤字覚悟で初めて利益が出るまで持続することができる。

このような利点がある。

だから、世の企業は、売上・利益の極大化、市場シェアの拡大に努め、大企業をめざした。

一方で大企業は、下記のような弊害がある。大きいこと=大企業が良いとは言い切れない。

  • 組織が大きく官僚的になり硬直化する。
  • 外注や取引先に横柄に接するので尊敬されない。
  • 実務を外注化するので大企業の社員は無能になる。
  • 赤字覚悟でビジネスを始めて、赤字垂れ流しでも責任をとる仕組みがなく、ぬるま湯体質である。

また、かつては大量生産・大量消費が常識だった。多くのひとが欲しがるボリュームゾーンに低コストで大量の商品を売り込むことで、利益が極大化できた。

ただ、これからの時代では、消費者の嗜好が細分化されたので、大量生産・大量消費が成り立たない。そうなると、大量生産しても大量消費を呼び覚ますための広告宣伝費が以前よりかさみ、宣伝に失敗したら売れない在庫を大量に抱える羽目にはまる。

大量生産→大量在庫

このように、時代が急速に変化するいまの時代において、大きいことの弊害が目立つ時代となった。

■ 寄らば大樹の陰は意味をなさない

つまり、時代が変わり「寄らば大樹の陰」という言葉が意味を失った。

具体的にいうと、かつては多くのひとが常識と信じて疑わなかった 「寄らば大樹の陰」 の観念の負の側面が多く出る世の中となったといえる。

大企業に憧れますか?

「寄らば大樹の陰」が通用しない時代となった、ということ。

むしろ、大樹に依存するのは時代遅れ。

大樹は、危険だ!寄らず離れろ!

こういう判断が正しい、という時代に変わったといえる。

■ これからの生き方

これからの時代は、個人や小規模企業が輝く時代、といえる。

具体的にいうと、以下のような、各個人や小規模な企業が個性を生かしたモノやサービスを提供する時代になる。

  • 個性を生かし細分化 / 多様化したモノやサービスは、細分化・多様化した消費者の嗜好に個別にマッチする。
  • マッチするので、モノ・サービスが受け入れられる。
  • 受け入れられるので、多少高くても購入してもらえる。
  • 大量生産された魅力ないモノ・サービスより割高でも、消費者は喜ぶ。
  • 個人や小規模な企業であれば、大量生産不要なので大量在庫を抱えない。

また、まとまった資本で投資が必要な場合でも、かつてのように銀行融資に頼ることなく資金調達する道も発達してきている。

たとえば、ソーシャルレンディング・クラウドファンディングなどの手法が、今後は洗練されていく。

これらの新しい資金調達方法も、個人・小規模企業からの小口の資金をまとめる手法といえる。資金供給側も、かつてのように銀行などの大企業でなく、個人・小規模企業が中心となりうる時代となる。

資金調達も変わる
小規模企業でも大丈夫

時代は変わり、時代の変化に応じて常識や考え方も変わる。

「寄らば大樹の陰」という旧い常識を捨てて、新しい時代に合った生き方を選択しよう。

■ まとめ

ここまで、「寄らば大樹の陰」という言葉に関連して、以下のようなことを説明した。

  • 「寄らば大樹の陰」とは、勢力のある人、大きな組織に頼るほうがよい、という意味。
  • かつては、大きなことはいいことだったが、これからの時代は、違う。
  • 規模が大きいことの弊害が、目立つ時代に変わる。
  • これからは、個人や小規模企業が輝く時代。
  • 個人や小規模企業のほうが、小回りが利き、消費者ニーズに合ったモノやサービスを提供できるようになる。
  • 資金調達方法も多様化し、個人や小規模企業が資本を必要とする場合でも、対応できる世の中になる。

時代の変化に合わせて、考え方を切り替えていくことで、新しい時代を楽しく生きることができる。かつての常識であった「寄らば大樹の陰」を手放して、新しい時代を生きていこう。

最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ ライブ動画を2曲プレゼント!

ファンキー」な曲に、新しい時代を自分らしく楽しく生きる「癒し」の歌詞を乗せた「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。オリジナル曲の歌詞は、たとえば、こんな感じ。

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

会社の上司ですか
やつですか

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

わがままばかりを言う
あいつですか

嫌いな人は
あなたの心の

奥底にある
ゆがみを教えてくれる

心のゆがみを
取り去ると

あなたのココロに
やすらぎが訪れる

嫌いな人を 愛そう
汝の敵を 愛せよ

嫌いな人は、あなたのココロの奥底を映す鏡。だから、嫌いな人には、自分のココロを映してくれてありがとう!と、感謝しよう。

こんな突拍子もない想いでつくった、ルーク野村の第3弾シングル「汝の敵を愛せよ」。

上記で紹介した、この曲の歌詞の1番を、試聴用に以下に紹介します。

 

ルーク野村のメールマガジンに登録(無料)すると、「汝の敵を愛せよ」を含むルーク野村のライブ動画を2曲プレゼントします!

ここをクリック、または、以下の画像をクリック/タップしてルーク野村の無料メールマガジンを申し込もう!