歌にアクセントをつけると、歌詞が伝わり歌に深みが増し、上手く歌える。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

でもって、「ファンキー癒し音楽」のルーク野村です。

歌の歌詞が伝わらない、棒歌になってしまう、という悩みを持つ人は多いと思う。

そんなときは、歌にアクセントをつけて歌詞で伝えたいところを強調する、歌にダイナミクス(抑揚)をつけて棒歌にならないようにすることができる。

アクセントをつけることで、歌詞が伝わり深みある歌を歌えるようにしよう。

この記事では、単語を強調するやりかたや、曲全体を考慮して歌にアクセントをつけるコツを紹介するね。

■ 強調する単語を強く

アクセントをつける基本は、強調する単語を強く歌うこと。

例えば、「あなた」とか「愛してる」とか、強調して歌うことで歌詞が聴く人に伝わる単語を強調する。

特に、その単語のアタマの音を強く歌うのだが、いくつかコツを紹介するね。

1.日本語のアクセントのつけかた

日本語の場合、単語のアタマの音にアクセントをつけることで言葉を強調できる。

よく例で紹介されるのが、森進一の「おふくろさん」(ちょっと古いけど)。歌いだしの「おふくろさんよ」のアタマの「お」にアクセントをおいている。

「おふくろさんよ」のアタマの音の強調の仕方は、半端なく上手いと俺は思う。

このように、単語のアタマの音にアクセントをつけて強調することで、歌詞が伝わる。

2.英語のアクセントのつけかた

英語の場合、英語の発音に合わせ単語の最初のアクセントの音にアクセントをつけるのが基本だが、母音が拍頭になるようにするのがコツ。子音にアクセントをつけない、ともいえる。

ここでは、ジョン・レノンのHappy Christmas の歌い出しのクリスマス(Christmas)という単語を例に説明するね。

この「Christmas 」を強調するために単語のアタマにアクセントをつけるわけだが、日本語読みの「クリスマス」の「ク」にアクセントはつけない。

「Christmas 」の最初の母音は、Chr-i-stmasの「イ」なので、「イ」が拍頭になるようなリズムで歌いアクセントをつける。

少々極端だが、あえて譜面にすると、以下のような感じ。Chr-がアウフタクト(弱起)のように歌う。

Christmas という比較的ポピュラーな単語でも、歌うとなると意外に難しい。

このように、英語の場合は英語のアクセントに合わせて母音を強調しよう。

3.助詞を強く歌わない

強調する単語を意識すると同時に、意識せず強く歌ってしまう語に気をつけよう。

その典型例は、ロングトーンの助詞。

メロディーの最後がロングトーンになる曲は多い。そのロングトーンを力強く伸ばしたくなる気持ちはわかる。

たとえば、ゆずの有名な曲の「虹」のサビ。以下の「超えて~」が印象的。

この箇所で、サビを力強く歌おうとすると、「て」が高音なこともあり「て」に力がはいってしまう。結果、「て」という言葉としてはどうでもいい箇所に最もアクセントを置いた歌い方となってしまう。

このような歌い方を、俺の身の回りでは「ての歌」と呼んでいる。

「ての歌」とならないためには、「て」にチカラを入れないようにする。同時に、「て」ではない歌詞を強調する。

ゆずの「虹」を例にとると、「超えて」の「超え」をしっかり強く歌い、「て」はチカラを抜くようにする。「て」の箇所は音程が高く無意識に強く歌うので、あえて力を抜いてクレシェンド気味に歌うと「超えて」という言葉が強調される。

すると、強調したい単語を強調すると同時に「ての歌」を卒業できる。

このように、フレーズの最後のロングトーン、特に歌詞が助詞となっている箇所を強く歌わないようにしよう。

■ 息継ぎのタイミングを決めておく

息継ぎ(ブレス)のタイミングを間違えると、強調したい箇所にアクセントをつけられなくなる場合がある。

SMAPの「青いイナズマ」のサビを例に説明するね。

「青いイナズマ」のサビの出だしは、曲名のとおり「あおいイナズマが…」。この箇所は、歌詞・楽曲両方の観点から、曲中で最も強調したい。

でも、息継ぎ(ブレス)のタイミングについて何も意識しないと、リズムに合わせて「イナズマ」の直前で息継ぎをしてしまいがち。

これでは、「青いイナズマ」にアクセントをつけようと「青い」にアクセントをつけ、さらに息継ぎをするので「イナズマ」の歌いだしにアクセントをつけにくい。

こんな場合は、「青い」の前に息継ぎをしておくと、息継ぎで中断されることなく「青いイナズマ」全体にアクセントをつけて歌うことができる。

このように、アクセントをつけたい場所の前で計画的に息継ぎをすると、アクセントを思い通りにつけることができる。

■ 力いっぱい歌わない

最後に紹介するコツ。それは、力いっぱい歌わない。力を抜いて歌うことを心がけよう。

元気いっぱい!は聞こえがいいが、歌いだしから元気いっぱいで歌ってしまうと、サビでさらに元気をだす=さらに大きな声を出すことができない。

サビでアクセントをつけて、強調する余力を残して歌いだすようにしよう。

先に例に出した「青いイナズマ」を例にとると、以下の歌いだしから元気いっぱい!ハイテンション!で歌いだしたら、どうなるか。

最初からパワー全開なので、サビの「青いイナズマ」を強調しようにもアクセントのつけようがない。なので、曲の始まりは小さい声で歌い、サビに向けて盛り上げていくようにしよう。

元気いっぱい歌わないと、バンドメンバやお客さんに申し訳ないという想いがあると、最初から最後まで元気いっぱいの歌となってしまい、平坦な曲となってしまう。

元気いっぱいだけでは
平坦な歌になってしまう

これでは、楽曲としては聴いてつまらない曲となり、バンドメンバとお客様に、かえって申し訳ない歌となる。

■ まとめ

ここまで、歌うときのアクセントのつけ方について、以下のようなコツを紹介した。

  • 強調する単語を強く
    1.日本語のアクセントのつけかた
    2.英語のアクセントのつけかた
    3.助詞を強く歌わない
  • 息継ぎのタイミングを決めておく
  • 力いっぱい歌わない

歌詞の単語にアクセントをつけることで歌詞が伝わるようになり、歌の構成にあわせてアクセントをつけることができると、歌にメリハリがつき、曲の深みが増す。

せっかく歌うのなら、歌詞が伝わって、聴いてくれるひとが楽しんでくれる歌にしよう。

アクセントをつけることで上手く歌えるようになると、いいね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

マイクの持ち方 – うまく歌うには体幹を意識しよう

歌のリズム感をよくする方法 | リズムにのって上手に歌いこなす

ハミングで歌が上手くなる | 歌声を響かせよう

■ ライブ動画 無料 プレゼント!

「ファンキー」なオリジナル曲に「癒し」の歌詞を乗せた「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。

ルーク野村の「ファンキー癒し音楽」のライブ動画を観てみたいと思った、あなた。

ルーク野村のメールマガジンに登録(無料)すると、ルーク野村のライブ動画を2曲プレゼントします!

この機会に、ここをクリック、または、以下の画像をクリック/タップしてルーク野村の無料メールマガジンを申し込もう!