リズムに乗って歌えると、楽しいし、上手く歌える。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

でもって、「ファンキー癒し音楽」のルーク野村です。

リズム感がなく、うまくリズムが取れず困っている人は多いと思う。

リズム感を身に着けると、自分の歌のリズムが安定し上手く歌えるようになる。上手くなると同時に、リズムに乗れるので歌っていて楽しくなる。

この記事では、上手く・楽しく歌えるようになるためのコツを4つ紹介しようと思う。

■ リズム感は重要

歌を歌うときに、リズム感は非常に重要。自分の歌にリズム感がないと、いろんな局面で、困ったことになる。

カラオケで歌うにしても、一定のリズムがキープできない歌では、不快に聴こえる。カラオケは楽しければいいという考え方もあるけど、自分勝手なリズムで歌っても楽しいのは本人だけで、聴いている人には迷惑といえる。

カラオケでも
リズム感よく歌いたいよね

弾き語りで歌う場合は、自分で伴奏しているので自分のリズムで歌える。でも、意図しないで突っ込んだり (速くなる) 、もたったり(遅くなる)を繰り返していては、お客様に不快感を与えてしまう。

バンドのボーカルの場合、リズムが狂うと曲全体への影響が大きい。ボーカルのリズム感が悪いと曲が台無しになることもある。

このように、歌う局面によって具体的に困る内容は異なるが、リズム感がない歌では、百害あって一利なしといえる。

■ リズム感がない症状

具体的なリズム感がない症状は、以下が挙げられる。

  • 等間隔での歌唱表現やリズムキープができない
  • 意図せず、曲中で突っ込んだりモタったりする
  • 歌いだしが合わず、曲がガタガタになる

これでは、上手に歌えているとはいえない。

ただ、リズム感は感覚なので、体で感覚をつかまないと改善しない。教科書を読んで頭で理解しても意味がなく、体得する必要がある。

このようなリズム感ない症状を改善するためのコツを、以下に4点あげておくね。

1.リズムキープの感覚をつかむ

リズムキープの感覚をつかむには、メトロノームを使おう。

時間に余裕があり、自宅に昔ながらのメトロノームがあるなら、活用しよう。実際に針が左右に振れる様子を目で見ながらリズムを体感できるので、効果的だ。

メトロノームがあれば、
ぜひ使おう

ただ、メトロノームを持ち歩くとかさばるし、外出先や移動中にメトロノームを取り出すわけにはいかない。

なので、持ち運びが簡単で、かつ、場所をえらばないスマホのメトロノームアプリを使おう。スマホで「メトロノーム 無料」で検索して、無料のアプリをダウンロードしよう。

スマホアプリは
持ち歩きに便利

スマホアプリであれば、イヤホンでクリック音を聴くこともできる。場所を選ばずリズムの感覚を養うことができる。

なお、リズムの速さは、最初は♩=100でメトロノームを鳴らすのがオススメ。この速さだと、歩きながら聴いてちょうどよい。慣れてきたら、 ♩=80や ♩=120など、速さを変えてみよう。

まず、メトロノームを使って、リズム感習得の第一歩を踏み出そう。

2.裏拍を意識する

メトロノームを使って練習するときに、裏拍を意識するとよい。

裏拍とは、1拍を前後に分けたとして、後ろの部分をのことを指す。

たとえば「イチ・ニィ・サン・シィ」と、四拍子で拍を取るとする。それぞれの拍の間に均等に「とぉ」をいれて、以下のように拍を取る。

「イチ・と ぉ ・ニィ・と ぉ ・サン・と ぉ ・シィ・と ぉ 」

このように拍を取った時の「と ぉ 」に当たる後ろの拍が、裏拍。楽譜で書くと、以下となる。

裏拍の感覚を体に覚えこませることで、細かいリズム感が養われ、均等にリズムをとらえることができるようになる。

ただひたすらメトロノームの音を聴くのではなく、裏拍を感じて、頭のなかで「 イチ・と ぉ ・ニィ・と ぉ ・サン・と ぉ ・シィ・と ぉ 」 と裏箔のリズムをとりながらリズム感を養おう。

3.体全体でリズムを取る

リズム感を身に着けるには、体全体でリズムを取ろう

リズムは、頭と耳だけで感覚をつかむのは難しいので、体全体でリズムをとるようにするとよい。

効果的なリズムの取りかたでオススメな方法は、体を横に揺らす方法。

オススメする理由は、体を前後に揺らすと均等にリズムを刻みにくく、つっこんだりもたったりしがち。それに対して、体を横に揺らすと、つっこみ・もたりが回避でき、均等にリズムを感じやすいため。

4.息継ぎ(ブレス)を意識する

息継ぎ(ブレス)をするタイミングを意識すると、歌のリズム感に好影響を与える。

たとえば、拍頭に強くアクセントを置いて歌いだす場合。拍頭ピッタリに息継ぎをしてしまうと、拍頭で強く声が出せない。歌いだすときは、突然声を出すのではなく「息を吸う」という動作が入るので。

なので、ゆとりをもって息継ぎ(ブレス)して、拍頭ぴったりにリズムに合わせて歌いだそう。そうすることで、リズム感よく歌えるようになる。

■ まとめ

ここまで、リズム感が重要であること、リズム感がない具体的な症状を説明した。あわせて、リズム感を養うための以下の4つのコツを紹介した。

1.リズムキープの感覚をつかむ
2.裏拍を意識する
3.体全体でリズムを取る
4.息継ぎ(ブレス)を意識する

このようなコツを活用してリズム感を身に着けると、歌のリズムが安定し上手く歌えるようになる。上手くなると同時に、リズムに乗れるので歌っていて楽しくなる。

歌が楽しく、かつ、上手く歌えるようになると、いいね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

マイクの持ち方 – うまく歌うには体幹を意識しよう

腹式呼吸で歌うコツ | 腹式呼吸ができない人のために

ハミングで歌が上手くなる | 歌声を響かせよう

■ ライブ動画を2曲プレゼント!

ファンキー」な曲に、新しい時代を自分らしく楽しく生きる「癒し」の歌詞を乗せた「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。オリジナル曲の歌詞は、たとえば、こんな感じ。

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

会社の上司ですか
やつですか

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

わがままばかりを言う
あいつですか

嫌いな人は
あなたの心の

奥底にある
ゆがみを教えてくれる

心のゆがみを
取り去ると

あなたのココロに
やすらぎが訪れる

嫌いな人を 愛そう
汝の敵を 愛せよ

嫌いな人は、あなたのココロの奥底を映す鏡。だから、嫌いな人には、自分のココロを映してくれてありがとう!と、感謝しよう。

こんな突拍子もない想いでつくった、ルーク野村の第3弾シングル「汝の敵を愛せよ」。

「ファンキー癒し音楽」のライブ動画を観てみたいと思った、あなた。

ルーク野村のメールマガジンに登録(無料)すると、「汝の敵を愛せよ」を含むルーク野村のライブ動画を2曲プレゼントします!

ここをクリック、または、以下の画像をクリック/タップしてルーク野村の無料メールマガジンを申し込もう!