あなたは特別ですと、ちやほやされたい。でも、ちやほやされたいと思う自分を治したい。そんな、あなたへ。

どうも!トランペット、サックスなど派手な音を使ったを使った「ファンキー」な音楽。新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

そんでもって「ファンキー癒し音楽」のルーク野村です。

ちやほやされたい、という思いは、誰でもあると思う。同時に、ちやほやされたいと思う気持ちを治したいと思うひともいる。

ちやほやされたい思いが強いと、自己主張やアピールが強くなって、嫌われることが多い。

でも、実は自己主張・アピールをしなくすると、皮肉なことに、ちやほやされるようになる。このことを理解できると、人生が楽になる。

ということで、この記事では、ちやほやされたい心理の根源からはじめて、ちやほやされたい気持ちを治す方法について、説明していきたいと思う。

◾️ ちやほやされたい心理の根源

ちやほやされたい心理の根源には、特別視されたい想いがある。

具体的には、以下のような気持ちを持っているから、ちやほやされたい。

  • ワンランク上と思われたい
  • ワンランク上の処遇を受けたい
  • みんな(その他、大勢)と同じは、嫌だ
  • みんなとは違う特別な存在でありたい

こんな気持ちがあり、ちやほやされたいと多くのひとが思う。

◾️ 特別視されたい理由

特別視されたい理由は、気分がいいというだけではない。

その背景には、他人より優位に立てば多くの豊かさを得て、生きるのが楽になり、生存競争に勝てるという思いがある。

ちやほやされたい、と
思うことは自然なこと

そういう意味では、ちやほやされたいという思いは、根源的な欲求である生存欲求に根ざしている。

だから、ちやほやされたいと思うことは、実に自然なことだ。

◾️ ちやほやされたいを治したい

ここで話を元に戻すと、この投稿のタイトル通り、ちやほやされたい自分を治したい、あなた。

なぜ、ちやほやされたい気持ちを治したいのか、理由・原因を考えてみよう。

先に説明したように、ちやほやされたいと思うことは、悪いことではない。ある意味、自然なことだ。

でも、ちやほやされたい気持ちを治したいという思いがある人には、どんな想いが背景にあるか。

実は、ちやほやされなかったときに強い不快感を持ち、その不快感を感じたくないから、常にちやほやされていたい!と強く思う、という背景がある。

ちやほやされなかった時の
不快感を避けたいという思いが強い

◾️ 治すための対応

ここまで理解した状況で、ちやほやされたい自分を治すための対応を紹介するね。

ちやほやされたいと思う原因が明確になったのだから、対応は明確だ。

ちやほやされたい自分を認める

まずは、ちやほやされたい自分を認めよう。

恥ずかしいことではない。隠すこともない。自然な欲求だから。

ちやほやされたいと思う自分が恥ずかしい、という引っ込み思案な思いを手放そう。

これが、最初の一歩。

ちやほやされないと不快な自分を認める

次に、ちやほやされないと不快感を覚える自分を認めよう

実は、ここが難しい。ちやほやされないと不愉快という、ある種ワガママな自分を認めることは、案外難しい。

そんなことない!と認めたくなければ、認めなくてもいいよ。

でも、ちやほやされなかったときの不快感が嫌いだから、ちやほやされたい自分を治したいんだよね。

じゃあ、思い切って諦めて、そんな自分を認めよう。

◾️ 認めたら、楽になる

ちやほやされないと嫌だ!という自分を認めると、なるほど、ちやほやされたいとは、そんなしょうもないカラクリだったか!と気づく。

すると、とたんに心が楽になる。

楽になってくると、ちやほやされなくてもいいじゃん、 と思えるようになる。

この思いが深まれば、ちやほやされない不快感を覚えなくなる。

そうすると、以下のような好循環に入る。

  • ちやほやされなくなったらどうしよう、という悩みがなくなる
  • ちやほやされなくてもオッケー、と腹落ちする
  • すると、ちやほやされると素直に喜べるようになる
  • 素直に喜ぶことが出来るようになると、ちやほやされやすい体質(性格・姿勢)になる
  • すると、さらにちやほやされる

こっちの方がいいよね。

このような心境に達すると、ちやほやされなくても気にならない。また、以前よりちやほやされる楽しい人生が送れるようになる。

■ まとめ

ワンランク上と思われたい、みんなとは違う特別な存在でありたい。このような、ちやほやされたい、という思いは、生存欲求に近いので、 自然な欲求だ。

ただ、このような自然な欲求である、ちやほやされたい気持ちを治したいと思う背景には、ちやほやされなかったときの不快感を避けたいという思いがある。

このような背景に気づいて、不要な思いを手放すと、ちやほやされたい気持ちが薄らぎ、ちやほやされるようになる

こんなことを、説明した。

この記事で紹介した対応を活用して思い込みを手放すと、ちやほやされたい、されなきゃ嫌だ!という思いがなくなり、今より、ちやほやされるようになる。

ぜひ、一度試してみてほしい。

ちやほやされてもされなくても、楽しく生きていけるといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

わかってほしい!という心理・欲求がある、あなたへ

拗ねる(すねる)のをやめたい | 拗ねる男の心理

マイクの持ち方 – 体幹を意識し背筋を伸ばして歌う

■ ライブ動画 無料 プレゼント!

「ファンキー」なオリジナル曲に「癒し」の歌詞を乗せた「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。

ルーク野村の「ファンキー癒し音楽」のライブ動画を観てみたいと思った、あなた。

ルーク野村のメールマガジンに登録(無料)すると、ルーク野村のライブ動画を2曲プレゼントします!

この機会に、ここをクリック、または、以下の画像をクリック/タップしてルーク野村の無料メールマガジンを申し込もう!