「絶対」という言葉を正しくつかうと、人生にゆとりが生まれる。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

でもって、「ファンキー癒し音楽」のルーク野村です。

「絶対に負けられない試合」という表現に、違和感を覚える人がいる。俺も、違和感がある。違和感の原因は、この表現は理論的に破綻しているから。

絶対という言葉の意味を理解すると、理論的に破綻している原因がわかる。理論的に破綻している原因を知ると、自分が人生にゆとりを持って生きていく方法がわかる。

■ 絶対に負けられない戦い

「絶対に負けられない戦い」という表現を、みかける。

例えば、サッカー日本代表のワールドカップ予選の試合で、負けると決勝トーナメントに進むことができない場合。

こういう場合に、「絶対に負けられない戦い」という表現をみかけることがある。

でも、「絶対に負けられない」は正しいのかな。

■「絶対」の意味

ここで、「絶対」という言葉の意味を確認しておこう。

絶対とは、以下のように、例外ない・無条件という意味を持つ。

  • 制限されないこと。
  • 条件をつけられないこと。
  • 相対的・比較的でないこと。
  • 完全なこと。

意味を理解したうえで「絶対に負けられない試合」という表現を使うのであれば、例外なく無条件に勝つ、負けてはいけない、という意味になる。

気持ちはわかるけど、勝負ごとであれば、絶対に勝つ!と言い切る表現は、理論的に破綻している。

また、勝負の相手を軽んじて、馬鹿にしている。勝負の前から相手に対して「お前は無条件に必ず負けるのだ」と言っているのだから。

絶対という言葉は、例外なく無条件という意味であることを理解しよう。

■ 理論的に正しい表現

負けると決勝トーナメントに進むことができない場合において「絶対」という例外を認めない表現を使うのであれば、以下の表現は、理論的に正しい。

「負けたら、絶対に決勝トーナメントに進むことができない試合」

ここまで考えが及んだうえで「絶対に負けられない戦い」という表現を考察すると、負けたらどうなるんだよ、と言いたくなる。

表現が、変だぞ!?

「絶対に負けられない戦い」という理論的に破綻した言い回しは、意味をなさない。

単なる感情論であって、理論的に正しい表現とはいえない。

■ 非論理的な表現を好む人

「絶対に負けられない戦い」という表現を好んで使う人や、こういう表現を受け入れてしまう人。

こういう人たちは、非論理的で感情的・扇情的な言い回しを好むひと、と言える。

非論理的思考のひとは、自分の思った通りの結果をなんとしてでも得たいから、こういう表現を使う。

思い通りにならないと
感情的になるひとの思考

思った通りの結果が得たい!という気持ちは大事だ。同時に、どうにもならない時だってある。

サッカー日本代表の試合を例にするなら、相手だって強いし、練習を重ねてなんとしてでも勝ちたい!と思っているわけだ。

相手のあることで、なんでも自分の思う通りになると思い込むのは、相手のことを考える余裕がない尊大な考え方だ。

■ ゆとりを、持とう

そうじゃなくてさ、ゆとりを持とうよ。

楽に生きようよ。

これが、俺の提案。

「絶対に負けられない試合」という理論破綻した煽情的な言い回しはやめて、試合を楽しむ余裕があるほうが、楽しいと思うんだよね。

もちろん、負けてもいいという意味ではない。同時に、試合に臨む選手を応援して、手に汗握りながら試合を楽しむほうが、俺は好きだな。

絶対に負けられない試合!と思っていると、負けたときにショックがデカすぎで、試合に出た選手を恨んでしまう心境になりかねない。

誰かを責めるのは、嫌だな

負けた場合でも、死力を尽くして負けたんなら、しょうがない。おつかれさま、と選手をねぎらってあげるような、ゆとりがあるほうが、人生は楽しいと思う。

サッカーの試合に限らず、絶対に自分の思った通りでなきゃ嫌だ!という思考や態度は、やめようよ。

思い通りにいかなくても結果を受け止める、心のゆとりを持って生きるほうが、楽しいからね。

非論理的な言い回しをしないで、ゆとりを持って生きよう。

■ まとめ

ここまで、「絶対に負けられない戦い」という表現を例に、以下のことを説明した。

  • 絶対という言葉の意味
  • 「絶対に負けられない負けられない戦い」という表現は非論理的
  • 非論理的な表現を使うひとは煽情的な表現が好きで、感情的
  • 感情的になる表現は避けて、ゆとりを持とう

非論理的で煽情的な言い回しを避けると、ゆとりを持つことができ、人生が楽しくなる。

ゆとりをもって楽しく生きれると、いいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

ちやほやされたい自分を治したい | ちやほやされる意味

わかってほしい!という心理・欲求がある、あなたへ

マイクの持ち方 – うまく歌うには体幹を意識しよう

■ ライブ動画を2曲プレゼント!

ファンキー」な曲に、新しい時代を自分らしく楽しく生きる「癒し」の歌詞を乗せた「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。オリジナル曲の歌詞は、たとえば、こんな感じ。

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

会社の上司ですか
やつですか

あなたが 嫌いな人は
誰ですか

わがままばかりを言う
あいつですか

嫌いな人は
あなたの心の

奥底にある
ゆがみを教えてくれる

心のゆがみを
取り去ると

あなたのココロに
やすらぎが訪れる

嫌いな人を 愛そう
汝の敵を 愛せよ

嫌いな人は、あなたのココロの奥底を映す鏡。だから、嫌いな人には、自分のココロを映してくれてありがとう!と、感謝しよう。

こんな突拍子もない想いでつくった、ルーク野村の第3弾シングル「汝の敵を愛せよ」。

「ファンキー癒し音楽」のライブ動画を観てみたいと思った、あなた。

ルーク野村のメールマガジンに登録(無料)すると、「汝の敵を愛せよ」を含むルーク野村のライブ動画を2曲プレゼントします!

ここをクリック、または、以下の画像をクリック/タップしてルーク野村の無料メールマガジンを申し込もう!