自分の歌声がわからないと、改善のしようがなく、悩ましいよね。

どうも!トランペット、サックスなど派手な音を使ったを使った「ファンキー」な音楽。新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

そんでもって「ファンキー癒し音楽」のルーク野村です。

自分の歌声が、わからない。把握して、上手く歌いたい。こんな悩みを持つ人は多いと思う。

自分の歌声を把握すると、自分の癖が把握できるし、音程やリズムを外しがちなパターンも把握できるので、上達への足掛かりとなる。

この記事では、自分の歌声を把握する方法を、俺の経験に基づいていくつか紹介しようと思う。

■ 録音して聞いてみる

自分の歌がわからない、把握したい。そんなときに手っ取り早いのは、自分の歌声を録音して聞いてみるやり方。

お手軽な方法として、スマホの録音機能をつかう。最近は、けっこう綺麗に録音できるので、カラオケにいったときに録音してみよう。思った以上に、うまく録音できる。

誰かに聴かせる録音ではない。気軽に録音し、恥ずかしがらずに聴いてみよう。

録音して聴いてみると、音程やリズムを外している箇所がわかる。くりかえし聴くと、自分の歌のクセがわかる。ひとつひとつ修正していくと、上達する。

スマホの録音では、音割れ・録音バランスなど悩むようになったら、高性能集音マイク付きの専用レコーダーを購入するとよいと思う。音割れが回避でき、細かいニュアンスも録音できるようになる。

自分の歌声を録音するこの方法は、 自分の歌声を把握する第一歩として、すごく良いと思う。

■ 音程を可視化する

さらに一歩踏み込むと、自分の歌声を可視化して把握する方法もある。

やり方としては、ボーカル音声を録音したトラックで、ピッチ修正ソフトを使うことで 可視化する。

具体例を使って説明しよう。自分の歌声のクセを把握していない場合、たいてい、音程が低くでていることが多い。

ボーカル音声を録音し、ピッチ調整ソフトを使って音程を目で見ると、 音程が低く出ている状態を正確に把握することができる。

たとえば、俺が昔に録音したボーカルトラックをピッチ調整ソフトを使って解析した結果は、以下の画像の通り。オレンジ色の線よりも下にある四角いマーク=歌声は、正しい音程より低い。

DAWソフトにはピッチ修正ソフトがついていることが多い。使ったことのないひとは、ぜひ、試してみよう。

DAWソフトを持っていない場合でも、無料のソフトもある。

たとえば、VocalShifter LEというソフトは、フリーソフトだ。 無料のピッチ修正ソフトをGoogleで検索し、窓の杜などからダウンロードしてつかってみてもよいかと思う。

ピッチ修正ソフトを使うと視覚的に自分の歌声を把握できるので、オススメだ。

■ ボーカルスクールを活用する

ただ、ソフトをパソコンにインストールすることに加え、自分で録音出来る環境を整えるのは、かなり大変だ。

であれば、環境が整っているボーカルスクールに頼ってみよう。

最近は、ボーカルスクールのレッスンにピッチ修正ソフトを取り入れているスクールもある。

自分に合いそうなボーカルスクールをネット検索して、スクールのレッスンでピッチ修正ソフトを使っているか、スクールに直接聞いてみよう。

環境が整ったスクールで、ピッチ修正ソフトの結果を見てみるほうが手間がかからず、ボイトレの先生から良質のアドバイスがもらえるかもしれない。

なんでも自分で苦労して用意しようとせず、環境が整っているところに頼るのは、合理的なんじゃないかな。

■ マネを目的としない

自分の歌声を把握するためにもうひとつ気をつけたいこと。

それは、マネが目的と誤認しないこと。

例えば、憧れのアーティストの曲を何度も聴いて歌が上手になる。

これはいいことだが、 憧れのアーティストをマネて歌える自分に酔ってしまい、 マネが目的になってしまうのはよくない。

好きなアーティストの曲を練習して、「ここは似ていない」「あ、元曲のように、歌えていない」と思い始めたら注意をしたほうがいい。

自分の歌声を把握するという観点からは、遠ざかってしまう。

■ 自分の声で歌う

マネをせず、自分の声で歌おう。

そうすると、あなたの個性である声色(こわいろ)を磨くことができる。

あなた独自の声色とは、あなたの個性そのもの。神様からもらった、あなたの大事な宝物だ。大事な宝物に気づいて、磨いていこう。

声色は、宝物

自分の声色を確立しようと思い立ったら、いちど、思い切って憧れのアーティストの曲を自分の声で歌ってみよう。マネを一切せず、思うがまま、感じるがままに、自分の好きなように歌う。

たぶん、最初はできないと思う。マネる癖が強ければ、自然とマネしようと体が勝手に動いてしまう。

でも、続けていると、あるタイミングで元曲と違う自分の声色で歌う自分に気づく。そして、意外に自分の声色も良いな、と気づく。

自分の声も
良いな。。

元曲の真似をしなくなったら、あなたの宝物である自分の声色で歌えるようになった、といえる。

つまり、自分の歌声が理解できた、といえるんじゃないかな。

■ まとめ

自分の歌声がわからない!という時の対処法として、以下のようなことを説明した。

  • 自分の歌を録音して、聞いてみる
  • ピッチ修正ソフトを使って、可視化する
  • ボーカルスクールを有効活用する
  • マネをせず、自分の声で歌う

自分の歌声がわからない状態を卒業できると、宝物である自分の歌声・声色でうたえるようになる。

たのしみながら、自分の歌声を発見して上手く歌えるといいね。

最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

歌を歌う時の姿勢 | 正しい姿勢2通りのイラストつき

ハミングで歌が上手くなる | 歌声を響かせよう

マイクの持ち方 – うまく歌うには体幹を意識しよう

■ ライブ動画 無料 プレゼント!

ルーク野村のメールマガジンに登録(無料)すると、ルーク野村のライブ動画をプレゼント

この機会に、ここをクリック、または、以下の画像をクリック/タップしてルーク野村の無料メールマガジンを申し込もう!