こんにちは!トランペット、サックスを使ったファンキーな音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための歌詞、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

今回は、新しい時代を自分らしく生きる、という観点から、過去を忘れる、過去と決別する方法について書いてみようと思う。

忘れたいイヤな思い出って、誰にでもあるよね。忘れたいと思うのは、自然なこと。

でも、たいていのひとは 過去の イヤな思い出を忘れられない。イヤな思い出が再度起こるのでは!?と将来不安を引き起こす。これじゃあ、俺のいう、新しい時代を自分らしく楽しく生きるのは、ちょっと難しい。

俺も、過去の嫌な思い出を忘れられない。辛かったり納得いかなかったり理不尽だったり、思い出すと感情がたかぶる思い出は、特に。

でも、過去は文字通り過去。過ぎ去ったことはもう目の前にはない。だから、過去に振り回されるのは実にもったいない。理論的に無駄な行為。

そんな理屈は分かっているけど、どうしても嫌な思い出に振り回される!

悶々としていた時に、過去と決別する・過去は過去と割り切るやり方に気づき、振り回されることは減った。

いまだに、俺も、振り回されることはある。でも、このやり方を習得してからは、頭を冷やして過去は過去だと割り切れるようになった。

ということで、過去を忘れる方法、過去と決別する方法について、説明したいと思う。

◾ 過去は文字通り過ぎ去ったこと

過去は過去。文字通り、過ぎ去った。過ぎ去ったことなので、現在に影響を与えない。

このことを、よくよく理解しよう。

過去の記憶を消しましょう!なんて調子いいことをいう気はない。記憶が消せないから困ってんだよ。過去の記憶はべったりと濡れ落ち葉のようにくっついていてよい。

同時に、理論的にいって、過去は現在に影響を与えることはないことを理解しよう。

◾ 現在と過去をくっつけているのは誰?

そんな訳ないだろ、現在は過去からの因果関係でできているんだ、という人もいる。

なるほど、そういう考え方も一理ある。

でもさ、過去は文字通り過ぎ去ったんだよ。

過去に起きたことが仮に再度起きるとしても、起きる場所や登場人物が異なる。無論、発生時刻は確実に異なる。

だから、よく似たことは起きるかもしれないけど、過去と同じことが繰り返されることはない、と言い切れる。

ここまで考えて、過去と現在を結びつけているのは、誰か。

じつは、他ならぬ、あなたでしかない。

◾ 自分で過去と現在を切り離そう

過去と現在を結び付けているのは、あなた。俺の場合は、過去と現在を結び付けているのは、俺。

このことに気づいたときは、なるほど!と思った。すごい発見だとおもったよ。

さっそく、過去の記憶と現在の切り離しを始めた。なにせ、過去の記憶と現在を結び付けているのは、俺なんだから。俺が自分で切り離せばオッケー。

過去の嫌な思い出は現在と関係ない!切り離す!

これで、かなり気分は晴れたし、過去を断ち切れるように思えた。

■ 思わぬ落とし穴

ところが、である。一度断ち切った過去が、また、現在に影響を与え始めた。

俺の場合を具体的にいうと、こんな感じ。

  • 一度断ち切った不愉快な過去がもう一度将来に起きるのでは、という不安が起きる
  • 過去と現在を結びつけているのは自分なので、再度、断ち切る
  • でも、少し時間がたつと、同じ将来不安が起きる。
  • 再度、同じ理屈で断ち切る。
  • で、少し時間がたつと不安が。。。

この繰り返し。終わらない。

どうしたんだ、俺。理屈は分かっているよね。過去は過ぎ去ったんだよ。

過去と現在を結びつけているのは俺だよ。なんでまた、過去と現在をくっつけて将来不安に苛まれるの?

理屈は分かっても、心というか精神が追いつかない。

その当時、追い込まれていたのもひとつの理由だが、理屈で分かっていることを実践できない。

なぜだろう。

◾ いい思い出も過去。

そんな状態で、ふと思った。

確かに過去の嫌な思い出はあるなぁ。あれが、もう一度起きたらどうしよう。困ったではすまないよ。

でもさ、いい思い出もたくさんあるよね。俺って恵まれているのかもな。こんな理屈で自分を慰めていたら、あることに気づいた。

いい思い出も、過去なんだよね。

ん?そりゃそうだ。いい思い出は大事にして現在の自分と結びつけて、自分を慰めている。おかしくないか?過去は過去だよ。過ぎ去ったことで、現在とは関係ない。

過去のいい思い出は、現在と結びつけてオッケー。

嫌な思い出は、現在と切り離す。

これじゃあ、都合が良すぎないか?

そんな矛盾した行動してるから、いつまでたっても過去と現在を切り離せないんじゃないの?

◾ 最高の思い出を切り離す

なるほで、じゃあ、やってみよう、と決意した。自分のいい思い出を現在から切り離す。特に、最高の思い出を切り離す。

忘れるとか、なかったことにするとかのやり方ではない。

過去の事実を覚えていてもよい。過去の事実はあったままにしてもよい。

とにかく、過去のいい思い出、特に最高だ!と思う思い出は、現在の自分とは関係ない、と決別する。

すると、どうだろう。

さっきまで、濡れ落ち葉のようにこびりついてきて離れなかった嫌な過去の思い出が、現在から切り離されていった。

あんなに素晴らしい思い出だって過去なんだから現在の自分とは関係ない。

こう思うことができれば、嫌な過去の思い出なんて、現在の自分と関係ないじゃん!と腑に落ちた。

■ まとめ

過去を忘れる方法、忘却するのではなく、綺麗サッパリ過去と決別するひとつのやり方を紹介した。

過去を無理矢理忘れるなんて、無理、できない。特に、感情に深く突き刺さった過去の記憶は忘れようとしても忘れられない。

無理になかったことにしても、所詮は無理をしているので、臭いものに蓋ををしただけの状態になる。根本的には何にも解決していない。

今回紹介した方法は、過去を忘れる方法ではない。過去の記憶があっても過去と現在を結びつけないようにする効果的な方法。

過去を忘れようとして、忘れられず困っているあなた。

一度、このやり方を試してみて。最高の思い出が過去であり今の自分から切り離すことができれば、おのずと、過去の嫌な思い出は自分から切り離されていくから。

過去の嫌な思い出と決別できるといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

◾ 関連記事

嫌いな人への根本的対処法 – 距離をおく/無視するでなく

自分を愛する方法 – 自分を愛せるのは自分だけ

第2弾シングル「Do You Love Yourself?」について