こんにちは!

トランペット、サックスを使ったファンキーな音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための歌詞、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

今回は、人前で歌うときに緊張して声が震えてしまうというひと向けに、緊張しないコツについて書いてみようと思う。

人前で緊張するひとは多いよね。緊張すること自体は悪いことではない。でも、緊張して本来の実力が出せないようでは、困る。

緊張して声が震え歌いにくくなり、緊張しないようにすると、かえって緊張する。

俺も、昔は緊張したよ。今になっておもえば、緊張しなくちゃいけないって思い込んでいたんだよね。思い込みを手放したら、緊張しにくくなった。

歌うことに真面目で一生懸命な人ほど、緊張しなきゃいけないという思い込みにハマりがち。

ということで、人前で歌う時に緊張して声が震えちゃって困るあなたのために、緊張しにくくなるコツについて、説明したいと思う。

■ もったいない

具体的な例を使って説明するね。

以前に、緊張して震えながら歌う人をみた。記念すべき行事の重要な歌なので、緊張してもおかしくない状況。

こんな局面で、震えながら歌う人を、あなたは、どう評価する?

重責を自覚し、身震いをしながらも立派に歌い上げる、真面目で素晴らしい人だ、と思う?

俺は、もったいないな、と思った。

■ 緊張するとカラダがこわばる

緊張すると、筋肉の柔軟性が奪われ、カラダがこわばる。さらに、ふるえまで起こすと、身震いが歌う歌の音波に影響を与える。歌声もカラダの震えも同じ振動だからね。

さらに、緊張して硬くなると、いつもの通りのパフォーマンスができない。声がこわばって響かない。実力が発揮できない。

いいことないなぁと思った。

もちろん、震えながら懸命に歌う人を揶揄するつもりは、 毛頭ない。

同時に、重要な局面での歌で実力が発揮しにくくなってしまって、もったいないな、と思った、ということ。

■ 大事に、慎重に。

別の視点で、もう一歩踏み込んでみよう。

よくある話だが、大事な場面で慎重しすぎて、失敗する。大事に、慎重に、という思いが緊張を生む。

緊張すると体がこわばり、いつも通りはおろか通常以下のパフォーマンスになる。焦る。さらに緊張する。

さらなる緊張がさらなる体のこわばりを生み、パフォーマンスが低下し緊張するという悪循環に陥る。

最近、ようやく、上記の悪循環に陥ることが腑に落ちて、大事なときこそリラックスしていつも通りのパフォーマンスをだすよう心がけている。

■ 真面目な人。ちゃんとやるひと。

俺の場合、上記の悪循環に気づいてから腑に落ちるまで、結構な時間がかかった。

時間がかかった理由は、簡単。真面目でちゃんとやることが、当たり前と、俺が思い込んでいたから。

真面目でちゃんとやる人は、大事な局面で慎重になり、緊張するのが当たり前。だから、大事な局面では緊張すべき、と思い込む。

この思い込みが強くなると、こうなる。

  • 大事な局面で緊張しなくてはいけないというルールを、潜在意識が自分に適用する
  • 当然に大事な局面で緊張する
  • 緊張するので、当然にうまくいかない。

これじゃ、自滅だよね。

さらには、大事な局面において緊張しない人を見ると腹がたつ。あいつは大事な局面で真面目じゃない!緊張してないじゃん!と他人を責める。

他人を責める行為を通じて、大事な局面で緊張しなくてはいけないという思い込みを強化する。

これも、また、見事な悪循環。

俺の場合、大事な局面でリラックスしている人を見ると、ヘラヘラして軽薄に見え腹が立つレベルまで激しく思い込んでいた。だから、上記の悪循環に気づいてから腑に落ちるまで、長い時間がかかった。

悪循環には気づいてからは、大事な局面で緊張するひとは、パフォーマンスが発揮できない状況を自分で創り出していることが理解できた。

で、ようやく、腑に落ちて、思い込みを手放すことができた。

■ まとめ

緊張しちゃ、もったいない。結果が出ないように自分を仕向けているんだから。

大事な局面では緊張しているほうが立派だ、という思い込みを手放すと、緊張しにくくなる。

ぜひ、ためしてみて。

大事な局面で、リラックスしているひと。こういう人の方が、実は、ちゃんとした人なんだよね。

最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

上手い歌い方の基礎テクニック | 楽譜に書き込む方法

あいうべ体操は効果ない?歌う前の準備運動にオススメ

第4弾シングル「Give and Forget」について