リラックスして声が響くと、声の響きに乗って言外の含みが相手に伝わり、思いが伝わる。

こんにちは!トランペット、サックスを使ったファンキーな音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための歌詞、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

今回は、響く声を出すと、響きに想いや自分の状態が乗って相手に伝わるよ、という話をしようと思う。

響く声で歌うと、歌に乗せて多くのことを伝えることができる。

俺がルーク野村として活動を始めた頃は、歌に対する姿勢があんまり明確でなかったが、あるタイミングから声を響かせることに重点を置くようにした。

そうした理由は、響く声には言外の含みのメッセージが乗せられると気づいたから。

音は音波であり波動だから。波動に共鳴する相手には波動に乗せたメッセージが共鳴して伝わる。

こんなことを思って、歌声を響かせる効果について書いてみようと思う。

■ いい声を出すには

歌うなら、よく響くいい声で歌いたいよね。響く声で歌詞が相手に伝わるほうがいい。欲をいえば、歌詞の内容以外のこと、言外の含みが伝わると、なおよい。

じゃあ、いい声・響く声を出すには、リラックスして声を出しましょう、ということになるのだが、具体的にどうやってリラックスすりゃあいのかというと、意外に難しい。

リラックスの対局にある緊張状態を考えてみよう。

緊張していると体の筋肉が緊張してこわばる。体が張って硬くなっているので声が出にくい。硬くなった体では、声が体で響かないので出た声は聞く人に響かない。

他方、緊張していない時は体がリラックスしているので、筋肉も緩やかになっている。

体に張りもなく柔らかくなっているので声が出やすく体で声が響く。声が出やすいうえに響くので、声の深み、声の味、がでる。

■ 不随意筋

響く声を出すためにはリラックスして筋肉を緩めたい。

筋肉を緩めるにあたり筋肉を大きく二つに分類すると、随意筋と不随意筋の二つに分かれる。

随意筋は、読んで字のごとく意図して動かすことのできる筋肉。腕や足など動かしたいところを意図して動かすための筋肉。

一方の不随意筋は、意図しなくとも動いてくれる筋肉。

典型例は、心臓の筋肉。心臓を動かすことを失念して死んでしまいました、という話は聞いたことがない。意図せずとも心臓は動き続ける。

■ 体全体が響くといい声になる

不随意筋も含めて全身の筋肉を緩めることで、体全体が響いて、いい声が出る。

具体的な響かせ方としては、のど(声帯)と鼻腔と頭蓋骨と体全体がそれぞれ響くことで、いわゆる倍音が体全体で響くので、響く声になる。

同時に、不随意筋はその名の通り意図して動かすことができない。

不随意筋は潜在意識と連動して、潜在意識が邪魔をすると緩まない。

潜在意識はその名の通り潜在してしまっているので、自分の意志で直接コントロールすることはできない。

潜在意識に働きかけるトレーニングを積むことで、潜在意識を徐々に変えていこう。ルーク野村の記事で、潜在意識に働きかけるトレーニング方法をいくつか紹介している。

声量アップトレーニング – 声量を下げるブレーキから解放
※ 潜在意識のおかげで声量がでにくくなる心のブレーキを外す方法

カラオケで音程が低いのがわからない悩み―音程を鍛える
※ 低い声で歌うよう潜在意識が誘導してしまう罠からの脱却方法

潜在意識を変えていくことで、体全体で響く声が出るので、参考にしてみて。

■ 響く声で歌うことの効果

響く声は、歌を歌うときに非常に効果がある。なぜなら、聴く相手に響きに乗せて想いを伝えることができるから。

チカラが抜けて楽しそうに歌っている響きは、聴く人に伝わる。

音は音波だから、楽しく歌っている声の音波は楽しそうにしている人に共鳴する。楽しさを欲している人にも共鳴する。

だから、楽しそうに歌う人から発する響きは、楽しく生きている人、楽しみたい人に共鳴し、共感を呼び覚ます。

楽しそうに歌う人の歌を聴いてこっちまで楽しくなる、パワーをもらう、というのはこのような共鳴が起きているためだ、と俺は考えている。

やっぱり、歌を歌うなら、体全体を共鳴させてよい響きをだして、聴く人と共鳴したいなぁと俺は思っている。

■ まとめ

歌う声に乗せる楽しさの音波で、聴くひとと共鳴する。歌は波動だから、かならず共鳴する。あとは、いかに多くのひとと共鳴できるかだ。

潜在意識にコントロールされた不随意筋もふくめて全身リラックスして、歌を歌ってみよう。

俺も、声を響かせるように心がけてから、聴いてくれるひとと共鳴できるようになったと思っている。

あなたも、歌詞内容を文字にした情報以外のメッセージ、言外の含みというのかな、を聴く人に伝えられて、共鳴できると、楽しいよね。

最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

緊張して声が震える – 人前で緊張しないで歌うコツ

ピアノは打楽器 – ピアノの構造的に鍵盤楽器ではなく打楽器

第4弾シングル「Give and Forget」について