歌を歌う時の姿勢に、注意している?注意するにしても、体格・骨格によって適した姿勢を模索しよう。

どうも!トランペット、サックスなど派手な音を使ったを使った「ファンキー」な音楽。新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

そんでもって「ファンキー癒し音楽」のルーク野村です。

今回は、歌うときの姿勢ついて書いてみようと思う。

歌を歌う時の姿勢に注意すると、歌声が安定する。歌声が安定すると、音程やリズムも取りやすくなるので、歌がうまくなる。

だから、歌を一生懸命練習する前に歌を歌う姿勢を正しくしたほうがよいのだが、歌うときの姿勢に注意を払わないひとは、意外に多い。

歌を歌うときの姿勢が定まらないと
不安に感じることもある

じゃあ、注意を払おう!と思い立ったとしても、具体的にどうすればいいか分からない人も多いんじゃないかな。

俺も、歌う姿勢に注意を払わなかった時期が長かった。当時は、重要だと理解できていなかったんだよね。

ボイトレの先生に歌う姿勢を教わってから歌声が安定したので、歌を歌うときの姿勢を正すことをオススメするよ。

姿勢を習得して楽しく歌おう

同時に知っておきたいことは、歌う姿勢は、ひとによって最適な姿勢が異なること。やっぱり、体形や骨格によって、歌う姿勢の向き・不向きがあるから。

この記事では、俺の経験から、歌いやすくなる姿勢をイラスト入りで二つ紹介するね。自分で試して、いずれか自分に向いていると思う姿勢を選んでみて。

ということで、歌いやすくなる姿勢について、イラストも交えて説明したいと思う。

■ 一般的な正しい姿勢

まず、一般的に正しいとされている姿勢を紹介しよう。広く一般によいとされている姿勢なので、多くのひとにとって、歌いやすくなる効果がある。

正しい姿勢のポイントを以下に挙げる。

  • まっすぐ立って、背筋を伸ばす
  • 胸を張って、顎をひく
  • 足は肩幅に開く
  • 腰骨のうえに背骨をのせて、その上に頭(頭蓋骨)があるイメージ
  • バランスよく立つ。少し前に重心をおく(両足の親指と人差し指の間の付け根で立つイメージ)
  • 目はまっすぐ前をみる

いわゆる、直立不動といえばいいのかな。

足は、肩幅に広げる。
まっすぐ立つ。

上記に列挙したポイントの一番下で、「目はまっすぐ前を見る」を挙げた。これが、意外に難しい。少し上や下を向いてしまうことがあるからね。

まっすぐ前を見る簡単な方法は、鏡の前に立って鏡に移る自分の目を見る方法。こうすれば、確実にまっすぐ前を見ることができる。

自宅で練習するときは、洗面所とかの鏡の前で歌う練習をしてみよう。スタジオで歌う機会のあるボーカリストであれば、スタジオには鏡があることが多いので、鏡で自分の目を見ながら歌うのが効果的。

また、「腰骨のうえに背骨をのせて、その上に頭(頭蓋骨)があるイメージ」というポイントも挙げた。

このポイントは、背骨を意識すると、正しい姿勢を維持しやすい。

背骨をひとつづつ
積み上げていく
感覚を持つ。

背骨の上に背骨を1つづつ乗せて積み上げていき、その上に頭蓋骨を乗せるイメージ。

こうすることで、力まずに背筋が伸びて、正しい姿勢が維持できる。

■ もう一つの正しい姿勢

上記で、1つ目の正しい姿勢を紹介した。この姿勢は一般的に正しい姿勢だし、合唱や声楽で歌を専門にしている人は、たいていこの姿勢をしている。

ただ、この姿勢が合わないひともいるだろうし、クラシックじゃないんだから自由なポーズで歌いたい!というひともいるだろう。

そんなあなたに、ポップスやロックで広く採用されている姿勢を紹介するね。

それは、以下のような姿勢。

  • 膝を曲げて、腰を起点にに前に体を倒す
  • 決して背筋は曲げず、背筋は伸ばす
  • 顎をすこしあげる(顎を引かない)
  • 腕を前にだらんとたらす

ゴリラみたいなポーズになるので、俺は勝手に「ゴリラポーズ」と名付けている。

背筋を伸ばして
前景姿勢をとる。

この姿勢のよいところは、顎が前にでるので、のどがひらきやすく、声が出やすい。また、鼻腔で声を響かせるにあたり鼻腔に声を届けやすくなるので、声を響かせるのが簡単。

また、「決して背筋は曲げず、背筋は伸ばす」というポイントを挙げた。イラストで説明すると、以下のように背筋を伸ばしたまま上半身を前に倒す。決して背骨を曲げて猫背のようにしない。

背筋は伸ばす。
猫背にならない。

猫背になると肺を圧迫してしまい、歌いにくくなってしまう。

まぁ、実際問題としてゴリラみたいなポーズそのままでステージで歌うのは、あまり格好良いものではない。

なので、ゴリラポーズの姿勢を意識してマイクを握り、少し前かがみっぽく歌うようにしよう。左右どちらかのヒザを前に出すと、少しサマになる。

■ 自分に合う姿勢を選ぼう

俺の言う「ゴリラポーズ」は、声が出しやすく響かせやすいと説明したので、優れた姿勢ように見える。

ただ、声の出しやすさ、鼻腔の響かせやすさは、個々人の骨格や体のつくりに依存するので、一概に声が出しやすく響かせやすい、とも言えない。

同時に、人が歌を歌うということは、体が楽器ということ。

であれば、楽器である体に合った歌う姿勢を探し求める必要がある。今回紹介した2通りの歌い方を試してみて、あなたに合う歌い方であれば、ぜひ、採用してみてほしい。

自分の体という楽器に
合った姿勢を見つけよう

■ まとめ

歌を歌うにあたっては、体は楽器。楽器を響かせて上手く歌うためには、自分の体に合った歌う姿勢を見つけて会得する必要がある。上手く歌うために効果的な姿勢を2つ紹介した。

一般的な姿勢を試したことがないひとは、いちど、試してみてほしい。一般的なやり方を試した経験があって、新たな姿勢を学習したいひとは、もうひとつのほうを試してみよう。

まずは、自分の体に合うか試そう。試さないことには、何もはじまらない。

自分に合った姿勢が見つかって、上手く歌えるようになるといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

マイクの持ち方 – 体幹を意識し背筋を伸ばして歌う

上手い歌い方の基礎テクニック | 楽譜に書き込む方法

セブンスコードの使い方 – コード進行初心者向け

---