Where there is a will, there is a way – 意志あるところに道は開ける – という言葉を勘違いして、嫌っていた。

どうも!トランペット、サックスなど派手な音を使ったを使った「ファンキー」な音楽。新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「癒し」の歌詞。

そんでもって「ファンキー癒し音楽」のルーク野村です。

意志あるところに道は開ける。

前向きになれる名言、と言われている。でもさ、意志があれば道が開けるなら、人生は楽だ、と思わない?

強い意思があっても、どうにもならない時はある。誰でも、思いが叶わず、悔しい思いをした経験はある。

そんな悔しい思いを経験したときに、意志あるところに道は開ける、と言われても説得力がない。道が開けなかったということは、意志が弱かったからだ、なんて総括されても、困っちゃうよね。

だから、俺は意志あるところに道は開けるという言葉は、嫌いだったし、論理的に破綻していると思っていた。

でも、あるとき「道が開ける」の解釈を考えなおしたら、自分の間違った思い込みに気づいた。

思い込みを手放したら、なるほど、意志あるところに道は開けるんだ!と理解ができた。

この記事では、意志あるところに道は開けるをという言葉を、俺が思い込みに基づいて勘違いしていた件について、説明したいと思う。

■ 語源と一般的な解釈

意志あるところに道は開けるは、”Where there is a will, there is a way”というアメリカのリンカーン大統領の言葉の和訳だ。

どんなに困難な状況であってもやり遂げる意志があれば、必ず道は開ける、とう解釈が一般的。

前向きな言葉、希望が湧く言葉、というように解釈される場合が多いようだ。

意志あるところに道が開ける。
前向きで、希望が湧く。

俺は、この言葉が嫌いだった。

■ 意志があってもどうにもならない場合

なぜかというと、この言葉が理論的に破綻していると理解していたから。だってさ、意思だけではどうにもならない場合は、あるから。

当時の俺の理解を図で描くと、こうなる。

「意志があるところに必ず道が開ける」という表現が真理なのであれば、意志が強ければ必ずことを成し遂げることができる、ということになる。

意志があるひとには例外なく道が開けるとは、
道が開けないひとは意志薄弱者という意味

じゃあ、一握りの勝者だけが意志ある人で、それ以外は意志薄弱者なのか?

◼️ 敗者は例外なく意志薄弱

例を挙げると、高校野球の甲子園で優勝したチームだけが意志あるひとたちで、それ以外の球児たちは、全員例外なく意志薄弱ということになる。

同様に、サッカーのワールドカップで優勝したチームのメンバ以外のプロサッカー選手は、全員意志薄弱だ。Jリーガーであっても、ワールドカップに出場の夢がかなわなかったサッカー選手は、全員意志薄弱者でだらしない、となる。

一握りの勝者=
意志があるひと=
道が開けたひと

こんな雑な整理が、成り立つ訳がない。強い意志をもって練習や鍛錬に励んだ人たちの心を踏みにじる、実に失礼な考え方だ。

だから、正確には、「道が開けた人には、意志があった」という表現が正しい。図示すると、以下のようになる。

道がひらけたひとは、意志あるひと。
意志あるひとでも、道がひらけないことは、ある。

■ 道が開けるの解釈

ただ、あるとき「道が開ける」の解釈をよくよく考える機会があった。

具体的には、俺が考える「道が開ける」とは、世間が認める功績を成し遂げた場合に限定しているのではないか?と疑問を持った。

別に、他人や世間に賞賛されるような「道が開け」なくても、やっている本人がやり切った!達成した!と思えれば、道は開けた、と解釈したらどうだろう。

なぜなら、他人や世間に賞賛されることは、時代の価値観によって変わるからね。

死後に功績が認められる人もいるし、ある特定の時期に他人や世間に賞賛された人が、後の時代に否定されることもある。

そう考えると、意志を持って物事に取り組み、取り組んだ本人がやり切った、達成した、と思えれば、道が開けたと解釈するのが正しい。

世間が認める道がひらける必要はない

むしろ、他人や世間が賞賛することを成し遂げることに固執していた、自分の了見の狭い思い込みに気づいた。

■ 他人や世間は関係ない

つまり、意思あるところに道が開けるんだよね。

他人や世間の評価に関係なく、強い意志を持ってことを成し遂げたひとは、みな、道が開けたという解釈が正しい。

開かれる道が他人や世間に賞賛される道であるべき、と俺が勘違いしていた。

自分が成し遂げた!と、いちいち
世間に認めてもらう必要はない。

俺が、世間や他人に認められたい、という思いが強かったから、勘違いしたんだよね。恥ずかしい。

自分の道は自分の意思で開かれる。他人や世間に認められるかは、関係ない。

だから、「意志あるところに道は開ける」は、理論的に正しい。

■ まとめ

意志あるところに道は開ける、という言葉は理論的に間違っていて、一握りの成功者以外を意志薄弱者とみなす、という理論破綻した意味と俺が勘違いしていた。

勘違いの思い込みを手放してからは、意志あるところに道は開けると腹落ちしたので、実に楽になった。

他人や世間からの評価を気にせず、自分の思うところに、強く意志を持って突き進んでいく。

こんな感じで、人生を楽しんでみようよ。

他人の評価を気にせず、自分らしく生きられるといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

◼️ 関連記事

人と比べる心理 | 人と比べるのをやめたいあなたへ

努力に勝る天才なしという虚構 | 努力は報われない

マイクの持ち方 – 体幹を意識し背筋を伸ばして歌う

■ ライブ動画 無料 プレゼント!

ルーク野村のメールマガジンに登録(無料)すると、ルーク野村のライブ動画をプレゼント

この機会に、ここをクリック、または、以下の画像をクリック/タップしてルーク野村の無料メールマガジンを申し込もう!