市場調査って、新しいモノやサービスを創出する創造者 – クリエイターには不要なんだよね。

どうも!トランペット、サックスを使ったファンキーな音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための歌詞、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

市場調査、マーケットリサーチって、俺にはあんまり意味がない。

端的に理由をいうと、市場調査は、既に存在するモノやサービスが市場/マーケットに受け入れられるかの調査だから、既に存在するモノやサービスとは無縁の創造的な取り組みとは関係ないため。

例えば、iPhoneは市場調査からは生まれないよね。なぜなら、iPhoneはiPhoneが市場調査するタイミングに存在せず調査のしようがないから。

自分は創造者である、創造者でありたい、というひとはにマーケットリサーチは不要、ということを書いてみようと思う。

■ 市場調査は、大企業がやること

市場調査に価値があるとしたら、既に存在するモノやサービスを大量に売ることが求められる場合だろう。

大量生産、大量消費を前提に、社員や設備に大金を払うビジネスを営む人たちは、どうやったら、既存のモノやサービスを大量に作っても大量に売れるか検討しなくてはいけない。

だから、大企業が市場調査をするのは理解できる。

でも、つまんないと思うんだ、俺は。

ありモノをいかに効率よく捌くかに知恵を絞るわけだよね。

新しいモノを創造する楽しみが、ない。

まぁ、好き嫌い、面白い面白くない、の議論は、終わりがないので、これでオシマイにしよう。

 

ただ、ひとつ言えることは、大量生産・大量消費って、旧いんだよね。コンセプトが。

 

汎用品、日用品はなくならないから、大量生産、大量消費、コストダウン、が通用する局面は残ると思うけど、今からの時代に、変化するお客さんのニーズやウォンツに応えるとしたら、大量生産、大量消費前提の考え方では、ドン詰まりだ。

■ 新しいものを、創る

創造的なこと、クリエイティブなこと、いま世の中に存在しないモノやサービスを創り出したい!という人種には、マーケットリサーチは無縁の行為だと思う。

新しいものを創る創造者は、マーケットとは関係なくものを創るべき。

創ったものがマーケットに受け入れられるかは、創ってから計測して、次の手を考える。

その方が、楽しいじゃん!

■ ルーク野村の音楽への姿勢

ルーク野村が目指す音楽は、「ファンキー癒し音楽」。

こういうジャンルは、いま、存在しない。俺が勝手に創った。

なぜ、ファンキー癒し音楽を目指すか。理由は、簡単で、俺が興味があって、創って楽しいから。自分が聴いて楽しいから。

決して、マーケットリサーチの結果、売れる根拠があるから目指す、ではない。

でも、売れると思っているよ。なぜなら、俺が楽しく創っていることが、 お客さんに伝わって、お客さんが楽しくなって、買ってくれるから。

まとめ

市場調査、マーケットリサーチは、大量生産・大量消費が儲かった時代に効果があった。これからの時代は、消費者のニーズやウォンツが細分化されるから、マーケットリサーチが功を奏する局面は減ると思うよ。

もちろん、マーケットリサーチが重要な局面はあるから、好きなひとはやればいいと思う。でも、俺はつまんないからやらないな。創造的じゃないから。

なんだか面白そうだな、で始めたことがマーケットに受け入れられるか悩んでも、分かんないよ。だってマーケットが認知していないんだから。

面白そうだな、始めていいんじゃないかな、と俺は思うよ。

最後まで読んでくれてありがとう!

■ 関連記事

とらわれない生き方 – 常識の定義や意味が変わる時代

許すという言葉の意味:「許す」が持つふたつの意味「許す」という言葉の二つの意味を考える

声量アップトレーニング – 声量を下げるブレーキから解放