自分が作曲・編曲する曲でトランペットを使うなら、 トランペットの音域を把握しておく必要がある。無理な音域で編曲しても、プレイヤーが吹けない音域じゃぁ困るだけ。

どうも!トランペット、サックスを使ったファンキーな音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための歌詞、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

今回は、トランペットの音域について書いてみようと思う。俺は、以前にトロンボーンを吹いていたので、同じ金管楽器のトランペットを吹くプレイヤーが身の回りに多くいた。

身近にいたひとたちから聞いた体験談や、俺が隣でトランペットの音を聴いてきた体験に基づき、トランペットがカッコよく聞こえる音域や、現実の音域の限界など、紹介したいと思う。

作曲・編曲にあたり、多様な楽器を使って制作できると、曲の幅が広がる。でも、楽器ごとに出すことのできる音域の上限と下限を無視してアレンジすると、プレイヤーに演奏してもらうことができない。

仮に演奏出来ても、音が高すぎ・低すぎの場合、その楽器の得意な音域ではないので、音が細くなり望んだ曲やアレンジにならない。

DTMで作曲・編曲する場合でも、楽器ごとの特性にあった音域でアレンジしないと、やはり、望むアレンジにはならない。

そう考えて、楽器ごとの音域を確認しようにも、身の回りにあなたが必要とする楽器のプレイヤーがいるとは限らない。

だからと言って、楽器ごとの音域をネットで調べても、いい加減な情報が多い。

例えば、トランペットの音域をネットで調べると、結構厳しい上限・下限が紹介されている。確かに超高音を吹くことが出来るひとは居る。でも、実際は、超音波のようで音に豊かさがない。

こういうネットの情報を鵜呑みにしてアレンジしてしまうと、トランペットの良さを引き出すことは出来ない。

ネットの情報に惑わされることなく、俺の体験に基づいて、トランペットの音域について説明しよう。

■ トランペットの得意な音域

ネットの怪情報はさておき、現実にトランペットという楽器において、プレイヤーが吹きやすく、楽器の特性を活かした音が出るのは、以下のB♭~B♭の2オクターブ。

トランペットの記譜法に合わせたin B♭(ドがB♭)と、in C(ドがC、いわゆる普通の譜面)のふた通りで紹介しよう。

この音域であれば、トランペット中上級者であれば吹ける音域。長時間吹いてもつかれないし、音の強弱もつけやすい。

以下に補足をしておくね。

  • 上記の音域で、上のGからB♭までは高い音域にあたる。初心者は、音が出せないことが多い。
  • また、高い音域で長く演奏するような編曲は、プレイヤーが疲れてしまうので、避けたほうがいい。
  • 高音を出すときはプレイヤーが強く吹く傾向にあるので、高音域では小さい音では出しにくい。なので、高音域をトランペットに小さい音で演奏してもらうような編曲は、避けたほうがいい。

この音域でトランペットのパートを編曲すると、安心。

■ 現実的な上限と下限

上記は、トランペットがいい音を出せる音域。俺がいまかで見聞きしてきた経験からすると、トランペットで出すことができる音の上限と下限は、以下の四分音符で記入したE~Eの3オクターブなんじゃないかな。

こちらも、トランペットの記譜法に合わせたin B♭(ドがB♭)と、in C(ドがC、いわゆる普通の譜面)のふた通りで紹介しよう。

以下に、補足をしておくね。

  • 上級者であれば、さらに上の高い音を出すことができる。
  • ただ、高音になればなるほど音が細くなり、トランペット本来の音ではなくなってしまうことを覚えておこう。
  • 高音域を長く吹くと、プレイヤーも疲れてしまう。上記のEくらいを上限として、高音域の音はピンポイントで使うようアレンジしたほうがよい。
  • プレイヤー本人が「高音だせます!」と自称(自慢)していても、ピッチ(音程)があっていなくて、使い物にならない場合もある。。気を付けよう。

■ まとめ

トランペットの音域について、トランペットの良さを引き出さる音域とあわせて、現実的な音域の上限と下限を紹介した。

せっかく、トランペットを使って曲を作ろう、編曲しよう、と思って作っても、演奏するプレイヤーが吹けない、では困っちゃうからね。音域について事前に把握して、作曲・編曲しよう。

DTMでも同様のことが言える。音域を把握せずにトランペット音源を使っても、どんなにエフェクトかけようがトランペットらしい良い音にはならない。

今回の記事は、俺が実際のプレイヤーから聞いたに基づいて書いた記事なので、実践的な内容だ。トランペットを使った作曲・編曲に活用してくれると、うれしいなぁ。

トランペットが響き渡るいい曲ができるといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連動画・記事

俺の第5弾シングルの「覚醒」では、今回の記事で話題としたトランペットを前面に出している。ぜひ、聴いてみて!

トロンボーンの音域 | 初心者・上級者で出せる音

セブンスコードのコード進行での使い方 – 初心者向け

マイクの持ち方 – 体幹を意識し背筋を伸ばして歌う