歌う時に、マイクの握り方を意識している?握り方にはコツがある。コツを会得すると、上手く歌う秘訣である、のどを開いて歌うことができるようになる。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「歌詞」。

でもって、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

前に書いたマイクの持ち方の記事では、マイクを持つ時の腕と手首を中心とした、持ち方のコツをお伝えした。この記事では、マイクの握り方のコツを紹介しようと思う。

マイクの握り方を意識しているひとは、少数派かもしれない。なんとなく握っているひとが、大半だと思う。でも、実は、握り方のコツって、あるんだよね。

俺も、キッカケあってマイクの握り方を教わるまでは、握り方を意識していなかった。でも、歌を歌いやすくなる握り方を教わってからは、教わった通りに握るようにしている。

握り方を会得してしまえば、自然と体が覚えてくれるので、何も考えずに歌いやすい握り方でマイクを握ることができるようになる。ぜひ、一度試してみて、自分に合う持ち方か確認してみて欲しい。

ということで、歌いやすくなるマイクの持ち方について、説明したいと思う。

■ マイクの真ん中を持つ

まず基本だが、マイクの真ん中を持とう。

マイクの先の方を持つと、グリル部分( 網状の先端部分)を握ってしまい、声を拾うピックアップ機能に影響を与える。反対につけ根の辺りを持つと、マイクのシールド(接続コード)の接続不良につながるし、ワイヤレスのマイクでも通信に差し支える。

■ 中指と薬指で握る

で、ここからが、この記事で紹介したいコツの部分。

マイクは、中指と薬指で握る。

こうすることで、小指にチカラが入らなくなる。なぜ、小指にチカラを入れないようにするか。理由は、小指にチカラが入ると、ノドの筋肉が硬くなるから。

いちど試してもらうと分かりやすいが、中指と薬指にあわせて小指にチカラをいれてギュッと握ってみよう。そうすると、ノドの周りの筋肉が連動してチカラがはいって硬くなるのが、わかる。

そうではなくて、小指にチカラを入れず中指と薬指で握ると、ノドの周りの筋肉が緩まり柔らかくなるのが、わかる。

ノドの周りの筋肉を柔らかくして、ノドを広げやすくし、歌を歌いやすくする効果がある。

■ 親指で中指の第一関節を押す

これも、今回の記事で紹介したいコツの一つ。

親指で中指の第一関節の上のへこみを押して、マイクを握る。

なぜ、こんなことをするかというと、中指の第一関節の上あたりのへこみを押すと、ノドが開くから。ノドが開くと、歌いやすくなるのでね。

こちらのコツも一度試してもらうと分かりやすい。マイクを中指と薬指で握って親指を添えると、自然と中指の第一関節あたりに親指の先がいく。

この親指の先で、中指の第一関節の上部にある爪の下のへこみをおすようにして、握る 。

すると、ノドが開くことが実感できると思う。中指の第一関節上あたりとノドは連動しているようだ。

この握り方で、ノドが開いて歌いやすくなる効果がある、ということ。

■ 人差し指と小指は、添えるだけ

上記で説明した指の残りである小指と人差し指は、どうするか。これら二本の指は、添えるだけでいい。マイクを握るときにチカラを入れないのが、重要。

説明した通り、小指にチカラが入るとノドの筋肉が固くなるし、人差し指にチカラをいれてしまうと、親指で中指の第一関節近辺を押すことができなくなる。

中指、薬指、親指でカタチをつくって、人差し指と小指はそっと添えるようにして、マイクを握る。

極論かもしれないが、人差し指と小指は立ててマイクを握ってもよい。

この記事で紹介した握り方に慣れないうちは、人差し指と小指に頼らずマイクを握る練習の意味も込めて、人差し指と小指を立ててマイクを握るのも、効果的と思う。

■ まとめ

小指にチカラを入れない。中指の第一関節の上部を親指で押す。こうすることで、ノドの筋肉が緩み、ノドが開くので、歌いやすくなる。こんなマイクの握り方を紹介した。

やっぱり、ノドの筋肉が緩むと声の響きに好影響が出て、声に深みが出る。ノドが開くと声が素直に出るようになり、声量も出るし音程も取りやすい。

こんな効果を、マイクの握り方で得られるのは、お得だよね。

いちど、騙されたと思ってこの記事で紹介したマイクの握り方を試してみて。ノドが緩み、開くのを実感できるので。

マイクの握り方のコツを掴んで歌が上達するといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

マイクの持ち方 – 体幹を意識し背筋を伸ばして歌う

上手い歌い方の基礎テクニック | 楽譜に書き込む方法

第4弾シングル「Give and Forget」について