かまってちゃんは、すねるのが得意。理解して、付き合い方を見つけていこう。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音。新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「歌詞」。

でもって、「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。

今回は、新しい時代を楽しく生きるという視点から、かまってちゃんの特徴と、付き合い方について書いてみようと思う。

あなたの身の回りに、 かまって ちゃんは、居るかな?大抵、 何人かは居ると思う。 かまってちゃんは、男女によらず、居るからね。

かまって ちゃんは、何かにつけて、かまって欲しい、自分のことをみて欲しい、という行動をとるので、可愛いものだ、という側面もある。

ただ、 かまって ちゃんをこじらして、かまって欲しさ全開モードになると、人付き合いするのが面倒になっちゃう。

でも、程度の差こそあれ、誰でも かまってちゃんの要素を持っている。

また、ルーク野村の活動を通じて自分自身と向き合うようになってから、俺自身が、自覚なくかまってちゃんの要素を多く持っていることに気づいた。

気づいてからは、要素をひとつづつ手放していっている。いまだに、手放し切れていないものも、ある。

ということで、俺の経験に基づき、 かまってちゃんの特徴、 かまってちゃんとの付き合い方について、説明したいと思う。

■ かまってちゃんが困る理由

かまってちゃんは、 なぜか、困る。では、なぜ、かまってちゃんは、困っちゃうか。

理由は簡単で、困ると誰かが助けてくれて、かまってくれる、と思い込んでいるから。

ただ、困ると誰かが助けてくれると、かまってちゃん本人が意識していないことが多い。無意識のうちに、助けて欲しい、かまって欲しいと思ってしまう。

だから、かまってちゃん自身は、自分がかまってちゃんという自覚がないことが多い。

自覚がある場合でも、無意識のうちに かまってちゃんになっているので、こまって当然のことが起きているから、 かまってちゃんになっている自覚に乏しい。

■ 無自覚な理由

かまってちゃんが、無意識のうちに、助けてもらいたい、かまって欲しい、だから困ろう、という行動に出る理由は、実は、単純。

理由は、過去に困った時に助けてもらった経験があるから。そして、助けてもらったときに嬉しかったので、再度、その嬉しさを味わいたい、と思っているから。

過去に誰かに助けてもらって嬉しかったという経験は、誰でもあると思う。その時の嬉しさを、再度味わいたい、という感覚も理解できる。

だから、 かまってちゃんになる要素は、誰でも持っている。つまり、 かまってちゃんは、過去に助けてもらった嬉しさに依存している度合いが高い、といえる。

■ 困った状態を作り出す天才

かまってちゃんは、困りたいんだよね。困っている状態を作り出したい、そして、助けて欲しい、と無意識に思い込んでいる。

だから、 かまってちゃんは、自分の目の前で起きたことを、自分が困る状態を作り出すように解釈する。そうすると、自分が困ることができるからね。

例えば、こんな日常会話をしたとする。

「〇〇さんって、すごいよね〜賢いし、気が利くし。いい人だよね。」

こういう話を聞いて、 かまってちゃんは、こう解釈する。

「どうせ私は〇〇さんより、賢くないし気も利かない。私が〇〇さんより、能力低いってことだよね。」

いやいや、誰もあなたと〇〇さん、比べていないし。

ある事実を見て、自分が困った状態に変換しちゃう。無意識のうちに。意図せず変換する天然 かまってちゃんは、面倒。

■  かまってちゃんはスネオ

だから、 かまってちゃんは、すぐ、すねる。すねると、誰かが同情してくれるから。男性だったら、スネオ。女性だったら、スネ子かな?

別の例で説明すると、普通に会話をしていてアドバイスのつもりで「〜したほうがいいよ」と伝えたとする。

すると、そのアドバイスを指摘・非難と解釈し、「なんで、そんなヒドイこと言うの!」と、解釈する。スネて、困る。

まぁ、会話にならないよね。

■ 自信の持ち方を誤ると

かまってちゃんの特徴や、その背景を説明してきた。じゃあ、 かまってちゃんに自分がならないようにするには、どうしたらよいか、

ならないためには、自分に自信を持つこと、と一般に言われているようだ。で、昔からよく言われる自信の持ち方は、自分はこれは誰にも負けない!という何かを持つこと、といわれている。

でも、このアプローチは、危険なんだよね。

なぜ危険かというと、誰にも負けない!と自分で決めたことで誰か他の人に負けそうになると、途端に自信を失ってしまう。

自信を失いたくない本能が働き、負けそうになると、ムキになって反論する。そして、配色濃厚になると、逃げ道を見つけて、すねる。誰かに助けてもらおうとする。

あれ?スネるひと、 かまってちゃんに、なっちゃったね。

俺は、ルーク野村の活動を通して自分と向き合うことで、このカラクリに気づいた。俺も、相当な かまってちゃんだな!と思い知ったよ。

■ かまってちゃんを卒業するために

誰でも持っている かまってちゃんの要素を手放して、 かまってちゃんを卒業するするには、何をすると効果的か。

まず、いえることは、自分で自分を愛すること。自分で自分を大切にする、自分で自分を満たすこと。

これができれば、自分以外の他人に認めてもらう必要がなくなる。他人に認めてもらえれば、喜んでいい。認められなくても、落ち込んだりすねたりする必要は、ない。

でも、自分で自分を愛することは、意外に難しいんだよね。自分がいいと思っているところは好きになれるけど、好きじゃないところは、愛せないよね。でも、自分の短所は他人の長所であって、他人を活躍させる場、くらいに思って、自分の全てを好きになろう。

自分を愛することについて詳しくは、この記事に書いたので、読んでみて。

また、自分は何があっても大丈夫、何もなくても大丈夫、という自信をもつこと。他人に褒められようが貶されようが、自分で勝手に自分に自信を持つようにすると、他人の評価とは無縁に生きることができる。

何があっても自分に自信を持つことについて、詳しくはこの記事で詳しく書いたので、こちらも読んでみて。

こんなふうに、自分で自分を愛して、自分で勝手に自信が持てるようになると、 かまってちゃんを卒業できる。

■ まとめ

かまってちゃんの特徴や、 かまってちゃんになってしまう理由・原因、そして、理由・原因に対応することで、 かまってちゃんを卒業できることを説明した。

かまってちゃんになる原因がわかれば、 かまってちゃんに出くわしても、ある程度、理解できるようになる。 かまってちゃんに出会ったら、あ、困りたいんだな、助けて欲しいんだな、と思えば、気が楽になる。

また、 かまってちゃんの行動様式を理解しておくと、思わぬところで、 かまってちゃんになっている自分に気づく。

俺自身も、 かまってちゃんになっている自分に気づくことが、ある。

こんなときは、素直に、 かまってちゃんになったことを認めて、ひとつづつ、 かまってちゃんになる要素を手放していくのがいいと思う。

かまってちゃんにならず、すねないで楽しく生きて行けるといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

豊かさとは何か – 豊かさ・幸せの意味

すごろくのルールに思う – 「上がり」のないすごろくを生きる人生

声量アップトレーニング – 声量を下げるブレーキから解放