悲しい雰囲気が出るコードは、マイナーコードだけではないよ。

こんにちは!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音。新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「歌詞」。

でもって、「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。

一般的に、悲しい曲はマイナー(短調)、明るい曲はメジャー(長調)、というように言われている。確かに、マイナーの曲で悲しく聞こえる曲はある。たとえば、野口雨情 作詞の「赤い靴」は、悲しく聞こえる。

メジャーコードは明るく、マイナーコードは暗い、という感覚多くのひとが思い込んでいる。

でも、マイナーだから物悲しく、メジャーだと明るいかというと、必ずしもそうではない。

また、悲しい曲を書きたいからといって、マイナーで曲を書こうとしても、マイナーのコード進行パターンに自分が作ったメロディーラインが合わず、上手く作曲できないこともある。

ポップスやロックは、基本的にメジャーで作曲されることが多いから、マイナーの曲は参考になる曲も少ない。

でも、メジャーの曲のメジャーコードでも、物悲しさを出すことができるコード進行がある。

このことに気づいた時は、目からウロコだったね。俺の場合、悲しい曲を書くときはマイナーで、という思い込みから解放されたのが嬉しかったな。

ということで、メジャーの曲のメジャーコード進行で、もの悲しく聴こえるコード進行を紹介しようと思う。

■ もの悲しいメジャーコードの進行

メジャー/長調の曲において、メジャーコード進行でもの悲しさを出す進行は、以下の進行。

|  I  |  Ⅲ7  |

Cメジャーの曲で具体的にコード進行を書くと、以下となる。

|  C  |  E7  |

この進行は、いい感じでもの悲しく聴こえる。Cメジャーの曲で、メジャーのコードしか使っていないのに。

■ 具体的な例

具体的な曲の例をだしてみよう。少し昔の曲だが、俺が好きなアリスの「今はもう誰も」という曲は、このコード進行を使っている。この曲のAメロ8小節は、以下のコード進行だ。

|| C | C | E7 | E7 || Dm7 | G7 | C | C ||

I→Ⅲ7のあとは、Cのツーファイになっている。オーソドックスだが、素敵なコード進行。歌詞にも曲にも、ビターッと合っている。

ちなみに、ツーファイという言葉が分からないあなた。俺のこの記事を読んでくれると、ツーファイの説明が書いてある。参考にしてね。

■ 洋楽での例

このコード進行は、邦楽やJ-Pop独特ではない。洋楽でも使われている。

たとえば、「いつか王子様が(Someday my prince will come)」でも、使われている。最初の4小節は、以下だ。

|| F | A7 | B♭| D7||

最初の2小節のF→A7がFメジャーのI→Ⅲ7にあたる。

Ⅰ→Ⅲ7は、洋楽・邦楽を問わず、多くの曲で使われているコード進行だ。

■ 比較的新しい曲の例

比較的新しい曲だと、いきものがかりの「ありがとう」が、この進行を使っている。いきものがかりの曲はコード進行が複雑だが、「ありがとう」のAメロ最初の4小節をシンプルにすると、以下と解釈できる。

|| C | E7 | Am7 | Dm7 G7 ||

この曲も、Ⅰ→Ⅲ7のあとが、Ⅵ7→Ⅱ7→Ⅴ7と、ろく→ツーファイとオーソドックスな進行となっている。

もの悲しさを表現するⅠ→Ⅲ7は、国民的名曲でも使われているコード進行だ。

■ Ⅰ→Ⅲ7が悲しく聞こえる理由

このように、多くの曲で使われているⅠ→Ⅲ7のコード進行。メジャー/長調の曲でメジャーコードを使って、もの悲しく聞こえる。

では、なぜ、物悲しく聴こえるのか。諸説あるが、俺の考えを書いておこう。わかりやすく具体例のC→E7で、説明するね。

E7 において、Cのコードトーンから外れる音は、G♯だ。

Cを根音として追加してE7の和音を構成すると、Caug △7 add9となる。つまり、G♯をCに組み込むと、オーギュメント(aug)になる。

オーギュメントは、まぁ、実に不安定な和音だ。第五音が半音上がっていて、とても和音とは言えない、と俺は思う。

一方で、E7は、セブンスコードとはいえ根音がEであれば、それなりに安定した和音といえる。

このように、Cメジャーの曲では、実に相性の悪いG♯という音を含むE7 。だけど、E7は比較的安定した音の組み合わせなので、Cのコードの次に響くと、相性が悪いけど安定した独特の響きを醸し出すのだろう。

■ C→Emとの比較

では、C→E7との対比で、C→Em7というコード進行に登場いただき、2つのコード進行を比べてみよう。

Em7は、すべての構成音がCのメジャースケールで出来ている。C→Em7は、理論的には、自然なコード進行といえる。

対して、E7は、さっきも説明したようにG♯が第3音で入ってくる。この1音がEm7と異なる。で、G♯がCにとってはオーギュメントを構成する異端?な音になるが、E7というそこそこ安定したコードにおける出音なので、極度に不安定にはならない。

これら2つのコード進行を聞き比べてみよう。

進行例: |C | E7 | Dm7 G7 |  C |

進行例: |C | Em7 | Dm7 G7 | C |

どうだろう。E7の進行には、独特の違和感があるといえる。この違和感が、もの悲しさを醸し出すのだと俺は解釈している。

■ 不安定→安定という視点

コード進行に限らず、音楽は、不安定→安定の繰り返しといえる。不安定から安定を繰り返すことで、曲にメリハリがつき、曲を聞いて楽しくなる。

曲の不安定→安定を表現するのが、コード進行ともいえる。

この視点からすると、先に挙げた|C | Em7 | Am Dm7 | G7 C |という進行は、実に理に適った進行といえる。Cメジャーの曲において、Cメジャーの音から外れない構成音からなるコードで構成されている。そして、不安定→安定に向かっている。

それに対して、|C | E7 | Am Dm7 | G7 C |は、E7、そのなかのG#という異端児?がいるので、不安定さが増している。ただ、この不安定さは、多くの人にとって、もの悲しさに聞こえる。だから。C→E7という進行は、メジャーの曲でメジャーコードだけ使って、もの悲しさを表現できる。

■ まとめ

Cメジャーの曲で、メジャーコードのCとE7を使って、もの悲しさを表現できるコード進行を紹介した。

洋楽、邦楽/J-Popを問わず、広く使われているコード進行なので、安心して使ってほしい。

あなたの曲作りにも活かしてみると、作曲の幅が広がる。

また、あなたの曲でⅠ→Ⅲm7と進行している箇所があったら、Ⅰ→Ⅲ7にしてみてはどうだろう。少しもの悲しく聴こえて新鮮かもしれない。

Ⅰ→Ⅲ7で、もの悲しさを醸し出した曲ができるといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

セブンスコードの使い方 – コード進行初心者向け

コード進行初心者向け – ジャズのツーファイブでおしゃれに

第4弾シングル「Give and Forget」について