マイクの持ち方を、意識している?持ち方を工夫すると、背筋が伸びて体幹がシャキッとする。ので、上手く歌える。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「歌詞」。

でもって、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

今回は、マイクの持ち方について、書いてみよう。

マイクを持つ機会は、そこそこあると思う。カラオケに行けば、マイクを持つ。ボーカルのひとであれば、ステージではマイクスタンドを使うこともあるが、マイクを手で持つ機会はある。

そんなとき、マイクの持ちかたに気をつけている?

正しくマイクを持つと、体幹を意識でき背筋が伸びて歌いやすくなる

俺も、マイクの持ち方を知るまでは、なんとなくマイクを持っていた。持ち方を知ってからは、背筋をシャキッとして歌うようになり歌いやすくなった。

合理的な持ち方で、自信をもってマイクを持つと、歌が上手くなる。

ということで、マイクの効果的な持ち方について、説明したいと思う。

■ 持ち方の基礎

まず、マイクの持ち方の基礎を説明しておくね。これが出来ていないと、効果的な持ち方をしても効果が出ないので。

マイクの真ん中辺りを持つ

先の方を持つと、網状になっている先端のグリル部分を握ってしまい、声を拾うピックアップ機能に影響を与える。

反対につけ根の辺りを持つと、マイクのシールド(接続コード)の接続不良につながる。ワイヤレスのマイクでも、通信に差し支える。

なので、マイクの真ん中辺りを持とう。

マイクは水平に持つ

スピーチなどで喋るときは、マイクを垂直に立てることが多い。でも、歌うときはマイクの先端に声を当てないと、マイクが声を綺麗に拾ってくれない。

だから、水平に持とう。

マイク先端からの距離は近く

カラオケの場合は多人数で使うので、口をマイクの先端にくっつけるのは避けたい。でも、近いほうがいいから目安は3センチ離す、がよい。

ライブのボーカルの場合は、そんなに多くのひとと共同で使う訳でもないし、ドラムやベースなど周りの音が大きい中で一定の音量でボーカルの声を出す必要がある。

だから、ほぼ、マイクと口がくっついているくらい近づけて、マイクの先端に向かって歌おう。

■ 効果的なマイクの持ち方

マイクの基本的な持ち方を把握したところで、今回の記事で紹介する効果的なマイクの持ち方を紹介するね。具体的には、以下の4ステップでマイクを持つ。

1. ヒジを曲げて前後に2-3回振る

マイクを持った腕のヒジを曲げて、肩を中心にして腕を前後に振る。

ヒジは90度、直角に曲げる。肩のチカラを抜いて、ゆったりと前後に振ろう。

2.ヒジを前にして、止める

ヒジを前にして、動きを止める。ヒジを突きだす感じにしよう。

3.腕を体の内側に傾ける

ヒジを突きだして止めたまま、腕を体の内側に傾ける。肩とヒジの位置は固定。

4.手首を反(かえ)して、マイクをクチの前に

肩とヒジと手首の位置は固定したまま、手首を反してマイクをクチの前に持ってくる。クチの前にマイクが来ないときは、ヒジと手首をすこし動かして補正しよう。

大事なことは、手首が反っていること。

こうすることで、手首を反して歌うことができる。そうすることで、背筋がシャキッとして、体幹を感じながら歌うことができる。

プロ野球のバッターは、必ず手首が反っている。いろんな個性的な打ち方があるが、手首は常に反っている。

手首が反っていれば背筋がシャキッとするので、体の軸がぶれないからね。

手首が反っていると自分で意識しなくても背筋が伸び、腹の底からのどまで声が通りやすくなり、歌いやすくなる。

ぜひ、試してほしい。

■  まとめ

マイクの基礎的な持ち方と、4つのステップを踏んで手首を反してマイクを持つ方法を紹介した。いってみれば、手首を反した状態のマイクスタンドを腕をつかって立てる、ともいえる。

こうすることで、体幹を感じつつ背筋が伸びて歌いやすくなり、声が通りやすくなる。

今回紹介した4ステップで、難しいことは、ひとつもない。一度試してみよう。効果を実感できる。

カラオケに行ったときに、手首を反したマイクの持ち方を友だちに紹介したら、感謝されるかもね。

手首を反したマイクの持ち方を習得して、自信をもって上手に歌えるといいね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

マイクを握る – 上手く歌うコツ | 握る手のイラストつき

上手い歌い方の基礎テクニック | 楽譜に書き込む方法

第4弾シングル「Give and Forget」について

---