声色(こわいろ)を意識して歌っている?声色は、誰もマネできない、あなたの個性。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「歌詞」。

でもって、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

今回は、歌を歌う時の声色について、声色の重要性を中心に書いてみよう。

カラオケで、有名なアーティストの声に似ていて、「似てる~」と褒められた経験がある人は多いと思う。マネて歌う練習をしている、という人もいるだろう。たまたま歌ったら、意外に似ていた、という人もいるだろう。

ただ、ここで注意したいことは、あなたは、あなたの個性の声色を持っているということ。

俺も、カラオケに行って「○○さんに似てる~」と言われて、嬉しかった思い出はある。ただ、モノマネでは、自分の個性は発揮できない。

モノマネという芸能の道を極めるのでなく、自分で自分の歌を歌っていく道を選ぶなら、自分の個性である声色を大事にする必要がある。

憧れのアーティストに近づこうとすると、モノマネをするつもりもなく、モノマネになってしまうという落とし穴に気をつけよう。

俺もハマったからね。あの人みたいに歌いたい、みたいな。

憧れとモノマネは、違う。
違いに気づいて、自分の声色を発見し、磨いていこう。

ということで、声色の重要性について、説明していこう。

■ モノマネは、自然なこと

冒頭から、マネをすることに否定的な書き方となっているかもしれないが、マネは悪いことではない。

憧れのアーティストの元曲の真似をしてしまうのは、しょうがない。聴けば聴くほど、細部まで覚えてしまうから、どうしたってマネてしまう。

鳥のウグイスも親を真似て鳴く、という話を聴いたことがある。親鳥が「ホー、ホケキョ」と鳴くのをマネして、だんだん「ホー、ホケキョ」が上手になる。

人間も、同じだと思う。憧れのアーティストの曲を何度も聴く。そして、自分も歌が上手になる。

■ マネを目的としない

ただ、危険な落とし穴は、マネが目的になってしまうこと。

憧れのアーティストのように歌える自分に酔ってしまい、マネができるようになることを目標にしてしまうことがある。

たとえば、○○さんというアーティストの曲を自分で練習していて、「あ、ここは○○さんに、似ていない」「あ、○○さんのように、歌えていない」みたいなことを思い始めたら、危険信号だ。

そういうマネを目的とした状態となったら、マネから脱却しよう。
自分の声で、自分の声色で、歌おう。

そうしないと、世界で唯一の、あなたの個性である声色を磨くことができない。

■ 自分の声色を確立しよう

あなた独自の声色とは、あなたの個性そのもの。大袈裟な言い方かもしれないけど、神様からもらった、あなたの大事な宝物だ。

憧れのアーティストに近づくよう努力するのではなく、あなたの大事な宝物である、自分の声色を確立して、磨きをかけよう。

自分の声色を確立しよう、と思い立ったら、いちど、思い切って、憧れのアーティストの曲を自分の声で歌ってみよう。

マネを一切せず、思うがまま、感じるがままに、自分の好きなように歌おう。

たぶん、最初はできないと思う。俺もできなかった。

なぜか似てしまう。マネをしよう、と体が勝手に動いてしまうんだよね。

でも、続けていると、あるタイミングで、元曲と異なる自分の声色で歌っている自分に気づく。そして、意外に自分の声色も悪くないな、と気づく。

言い方を換えると、元曲の真似をしなくなったら、あなたはあなたの宝物である、自分の声色で歌えるようになった、ということなんだよね。

■ まとめ

憧れのアーティストのマネをするのは自然なこと。だけど、マネが目的になってしまうと、あなたの大切な宝物である、あなたの声色で歌うことができなくなってしまう、ということを書いた。

最初は誰かのマネでもオッケー。だけど、自分で自分の歌を歌いたい、というのであれば、どこかのタイミングで自分の声色を見つけて、確立し、磨きをかけよう。

あなたの声色は、個性を発揮して、歌で感動を伝えるための最高の宝物だから。誰かに似ている!と褒められるよりも、個性的な声色を目指そう。

憧れのアーティストのマネになっているな、と思ったら、一度、思い切って自分が感じるままに歌ってみてほしい。あなた自身の声色に遭えるはず。自信をもって、一度試してみよう。

あなたの宝物を見つけられるといいね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

声量アップトレーニング – 声量を下げるブレーキから解放

今回の記事では潜在意識に触れなかったけど、この記事では、潜在意識によって大きな声を出さないようにしている、ということを説明している。読んでみて。
 

上手い歌い方の基礎テクニック | 楽譜に書き込む方法

第4弾シングル「Give and Forget」について