心を込めて歌うけど、感情を込めて歌うかは別問題。

こんにちは!トランペット、サックスを使ったファンキーな音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための歌詞、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

歌う時に、感情を豊かに表現して歌うことができると、聴いてくれる人に歌や歌詞が伝わる。

でも、感情を込め過ぎな歌いかたは、どうだろう。歌や歌詞が、かえって伝わらないこともあるよね。

ちょっと暑苦しいなぁ、と思うような歌いかただと、普通に歌ったほうがいいよと感じてしまう。

そんなことを考えていた矢先に、ボイトレの先生から、歌いかたのテクニックを磨いて結果として感情豊かに歌うという話を聞いて、なるほど、と思ったんだよね。

ちゃんと歌えば、情感豊かになり、歌に込めた思いや歌詞の内容が伝わる。このほうが合理的、と俺は思う。

ということで、歌のテクニックを磨いて、情感豊かに歌うことについて書いてみよう。

■ 感情を込めて!

感情を込める、という話題に関連して、とあるボイトレの先生との会話を紹介しよう。

ある時期、俺はボイトレの先生を探して、いろんな先生と話をした。そのなかのひとりの先生は、歌に感情を込めることを一生懸命教えてくれた。

「もっと感情を込めて!」

「エモーショナルに!感情豊かに!」

など、熱く教えてくれた。演劇出身の先生だったので、演劇ではこう、とかの補足もしてもらい、感情を込めて!という考え方を力説してくれた。

でも、俺には、よく理解できなかったんだよね。正直なところ。

感情を込めて!と言われても、俺としては感情を込めている。その状態で、もっと感情を!エモーショナルに!と言われても、具体的に何をすればいいのか、よくわからない。

すごくいい人で、情熱的に教えてくれたのだが、結局、どうすれば感情を表現できるのかは、分からなかった。それ以来、この先生とは会っていない。

■ ある意味、淡々と

同じころ、別のボイトレの先生にも教わっていた。その先生は理論的で、こうしたら、ああなる、結果こうなる、ということを常に説明してくれていた。

この理論的な先生が、あるとき、歌に思いを込める方法を教えてくれた。

端的にいうと、ちゃんと歌うと、結果として感情が歌に乗り、歌や歌詞に込めた想いが聴く人に伝わる、ということ。

具体的にいうと、他記事で紹介した以下のような方式で丁寧に歌を歌う。

上手い歌い方の基礎テクニック | 楽譜に書き込む方法
楽譜を書き起こして、注意するとこと、気付いたことを書き込む。

上手く歌うコツ | 歌詞の言葉にマルをつけて歌いこなす
歌詞の言葉にマルをつけて、言葉をきちんと歌うようにする。

節回しのコツ – フレーズを歌う歌い方で歌詞を伝える
歌詞で切るところ・繋げるところを決めて、手を回しながらフレージングする。

歌・歌詞を丁寧に歌えば、ちゃんと伝わる。結果として、自分の想いが聴く人に伝わる。

つまり、感情を込めて歌うというよりは、ちゃんと歌えば結果として感情表現が豊かになって想いが伝わる、ということ。

そういう意味では、淡々と歌う、ともいえる。上記のようなテクニックを使って歌えば、伝わる素地ができる、と言える。

■ 心を込める

淡々と、という説明をしたけど、ぶっきらぼうに機械的に、という意味ではない。歌や歌詞で想いを伝えたい、という気持ちは重要だ。

気持ちは言葉に乗り、歌に乗るからね。

歌は音波であって、音波に想いを乗せることができる。乗せた想いが聴く人と共鳴して、聴く人のココロを揺さぶる。

だから、伝えよう、伝えたいというココロは大切だ。同時に、感情を込めるのではなく、歌を歌としてきちんと歌って、伝える素地を作って素地の上に、心を込めて想いを乗せよう。

■ まとめ

感情を込めるよりも、歌を歌うテクニックを磨いて、歌を伝える素地を作ろう、素地ができたうえで、ココロを込めて歌おう、という考え方を紹介した。

このやり方を実践するようになり、感情を込める、という曖昧なテクニックを追及しなくなった。これは、俺にとってはありがたかった。曖昧なテクニックを追及しても、身についたのかよくわからんからね。

歌に感情を込めることができていない、と思うあなた。歌に感情を込めようと躍起になる必要はない。歌をちゃんと歌えるようになれば、感情が込められるようになるから。

あえて情感を入れる必要はない。歌をちゃんと歌って、ココロを込めて歌おう。最後まで、読んでくれてありがとう!

■ 関連記事

声量アップトレーニング – 声量を下げるブレーキから解放

音楽を聴いてなぜ感動するか – 記譜されない領域を伝える

第4弾シングル「Give and Forget」について