節回し、フレージングを体得して、歌詞を伝えよう。歌詞を伝えるのは、ボーカルの大事な役目。

こんにちは!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音。新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「歌詞」。

でもって、「ファンキー癒し音楽」のルーク野村。

歌詞をつたえたい!という想いがある人は多い。

自分で作詞・作曲をすれば、自分の想いが詰まった歌詞を伝えたい、と思うだろう。

ひとが作った曲や歌詞をカラオケで歌うときでも、聴いているとひとに歌詞を伝えたい、と思うよね。

俺は、作詞・作曲をしているので、自分の歌詞を伝えたい、という思いは強いよ。だから、伝えるためのテクニックやコツを聞くたび、試してきた。

試してきたテクニックやコツのなかには、イマイチなものもあれば、面倒で続かないものもあった。一方で、試して効果のあるテクニックは、繰り返したくなるから、慣れて定着する。

試してきたなかで、効果のある方法として俺の中で定着したやりかたを紹介したいと思う。難しいことは、ひとつもないやり方だ。

ということで、俺がオススメする、節回し・フレージングを体得して歌詞を伝えるコツを、説明したいと思う。

■ 伝えたい切り方を決める

まず、歌の歌詞をよく読もう。よく読んだうえで、どうやって伝えるかを決める。でも、ただ単に良く読んで理解する、では、やらないよりはマシだが、効果が出にくい。

具体的に、効果が出るやり方を紹介するね。

端的にいうと、歌詞のどこで切るかを決める。切るところは切るし、切らないところはつなげる。

以前の記事で、スピッツの「空も飛べるはず」の最初の8小節の歌いかたを紹介した。今回も、この曲を例にとって、説明しよう。

歌詞を切る場所は、歌詞を日本語で読んだときに自然になる箇所で切る。同時に、自分の歌詞に対する思いを入れ込む。

具体的にいうと、「空も飛べるはず」の歌詞を、日本語として自然に読むと、以下のように切れると思う。

|おさない びねつ を |さげられない まま |
|かみさまの かげを |おそれて |

このまま歌っても、大丈夫。ある意味、日本語として自然に伝わる。

同時に考えたいことは、自分の想いや解釈を入れる、ということ。たとえば、上記の「かみさまの かげを」のところの「かみさま」という言葉を強調して伝えたい、と思う場合は、以下のように「かみさま」を独立させるように、切る。

|おさない びねつ を |さげられない まま |
|かみさまの | かげを |おそれて |

このように、自分が強く伝えたい箇所を他から切り取ることで、強調することができる。

■ 楽譜に書きこむ

自分の想いも込めて刻みをいれたら、譜面に書き込もう。書き込み方は何通りはあるが、オススメは、カッコを記入すること。カッコを記入する前の譜面は、以下の状態。

上記の譜面に、以下のような感じで、カッコをつけて歌を切る箇所を記入する。

こうすることで、歌う時にどこで歌詞を切るか、目で見て分かるようにする。

■ 手を回して歌う

歌をどこで切るかを決めて、楽譜に書きこんだら、切る場所を意識して歌ってみよう。

切る場所を意識して歌うために効果的な方法は、手を回して歌う、というやり方。具体的なやり方を絵で描くと、以下のような感じだ。

手の先を肩につけて、ヒジをしたに向けた状態から始める。

そこから、チカラを入れずに、軽く手を前方下に回し、ぐるっとまわして、元の手の位置に上から持ってくる。

この手の動きを続けながら、切る場所にあわせて、歌う。以下の楽譜の矢印のように楽譜に合わせて手を回しながら、歌う。

コツは、チカラを入れずに、軽く回すこと。チカラを入れて硬くなっちゃうと、体が硬直してしまって、歌に影響がでる。

こうすることで、自分が歌いたいフレーズに手の動きを合わせることで、体でフレーズを感じながら歌うことができる。

非常に効果的なので、ぜひ、試してみてほしい。

■ まとめ

自分の歌が伝わる。伝えたいように伝わる。ボーカリストの理想の姿だ。俺も、伝えたいように歌えるボーカルを目指して、いろいろ試しているが、今回紹介したやり方は、非常に効果的で、簡単にできるのが特徴だ。

誰でも簡単に実践できて、特にお金もかからない。ぜひ、試してみてほしい。

同じ歌でも、ボーカルは、合唱ではない。自分のリズムで歌うことができる特徴を最大限生かして、自分の好きなように、フレーズを歌おう。

歌詞を伝える歌い方を、体得できるといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

声量アップトレーニング – 声量を下げるブレーキから解放

上手い歌い方の基礎テクニック | 楽譜に書き込む方法

第4弾シングル「Give and Forget」について