セブンスコードを、実際の演奏で使いこなしている?

トランペット、サックスを使ったファンキーな音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための歌詞、ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

今回は、セブンスコードの使い方について、書いてみようと思う。

セブンスコードの使い方は、と聞かれたら何と答える?コード譜でG7と書いてあったからその通りに演奏した、じゃあ寂しい。セブンスの音を強調しなくてもいい場合もあるけど、セブンスコードの用法を理解して作曲、アレンジしたいよね。

今回は、音楽理論に基づいて難しいことを説明するよりも、セブンスってなんですか?というような初心者向けに分かりやすく、音楽理論の専門用語を極力使わずに説明しようと思う。

難しいことは抜きにして、セブンスコードの上手い使い方を伝えられたら、いいな。

ということで、セブンスコードについて、説明したいと思う。

■ はじめに

今回は、メジャーコードのいわゆるセブンスコードを説明の対象とする。で、説明の便宜上、CのメジャーコードでドミナントであるG7を例に説明する。

また、メジャーセブンス(Gmaj7/G△7)は、今回の説明の対象外とする。いつか別の機会に説明させて。

■ セブンスコードは不協和音

まず、理解しておきたいことは、セブンスコードは不協和音である、ということ。

「嘘つけ!そんな訳はない」「音楽理論によると不協和音和音ではない、理由は…」と反論が聞こえてきそうだ。いままでに何人かのミュージシャンと話をして、セブンスコードは不協和音という理論を頭ごなしに否定されたことがある。

でも、俺は、広い意味でセブンスコードは不協和音と理解した方がセブンスコードの有効活用につながると思っている。

■ 不安定→安定の繰り返し

セブンスコード不協和音説について、ちゃんと説明しよう。

不協和音という言葉を使ったけど、不協和音だから曲中で使ってはいけない、というわけではない。あくまでも、濁った音が入っているという話。

ところで、音楽って、煎じつめると不安定→安定の繰り返しなんだよね。

不安定→安定というのは、(あれ?ちょっと不安だな)→(あ、安心した)の繰り返しを聴くことで、聴いているひとが面白みをもって聞いてくれるという意味。

どういう経路(進行)をへて、不安定な和音から安定(カデンツ・終止)した和音に落ち着かせるかを表現したのが、その曲のコード進行といえる。

■ 不協和音から終止に向かう

ここで、セブンスコードに出てきてもらおう。Ⅴ7→Ⅰのコード進行は、Cメジャーで以下となる。

G7→C

先の説明のとおり、G7は不協和音だ。また、音楽は不安定→安定の繰り返しという説明をした。

Cメジャーの曲では、Cの和音が最も安定した和音となる。不協和音である不安定なG7から最も安定したCにコードが進行することで、不安定→安定を表現している、と考えるとどうだろう。

だから、G7はちょっと違和感のある和音、不協和音である、という理解をしたほうが分かりやすいと思う。

別の言い方をすると、以下のⅤ→Ⅰコード進行を見てみよう。

G→C

この場合は、G7のような不協和音ではないGから安定した和音のCにコード進行している。もちろん、Cメジャーの曲ではCが最も安定しているから、GはCに比べれは不安定だが不協和音ではないので、安定している。

だから、不安定→安定の落差を強調したいのであれば、G→CよりG7→Cのほうが強い、という理解をしておくと分かりやすい。

■ ブルーノート

ブルーノートって知っている?Blue Note Tokyoとかのジャズライブハウスではないよ。

ブルーノートとは、メジャースケールの第3音と第7音を半音下げた音のこと。分かりやすく長調のドレミでいうと、ミ(第3音)とシ(第7音)を半音さげる=♭をつけた音、ということ。ブルースやジャズで使われる。

※ 第5音も半音下げることもあるようだ。

一般的に言われることは、ブルーノートは寂しく聞こえる。また、コードトーン(ドレミファソラシド)から外れる(シにフラットがついている)ので、違和感をひきおこす。この違和感を狙った音といえる。

セブンスコードは、第7音が半音下がっているから、ブルーノートを使った和音ということもできる。また、さっき説明したようにセブンスコードは不協和音だ。

であれば、ブルーノートを使った寂しい不協和音から安定に向かうというコード進行が、G7→Cであるといえる。

■ 半音動くのがオイシイ

コード進行は、不安定→安定の経過を表現している、と。説明した。であれば、多くのひとが聞いて滑らかに不安定から安定に進むコード進行が結果として王道の進行となる。

じゃあ、滑らかな進行とはどんな進行かというと、一部半音で動くコード進行が滑らかであるというのが俺の持論。

具体的に見ていこう。

G→Cというコード進行を構成音で見てみると、以下となる。

Gは変わらず。BはCに半音移動している。

このBからCへの半音の移動のおかげで、滑らかなコード進行に聞こえる。

つまり、構成音の一部に半音の動きがあると、滑らかないい感じに聞こえる。オイシイところだ。この理解のもと、G7→Cを見てみよう。

G7の構成音のFがEに、半音で移動している。この半音の動きが滑らかさを増しているというのが、俺の理解。

G7→Cへの進行は、コード構成音のうち2音が半音で移っているので、滑らかに聴こえる。体感的にも、G→CよりもG7→Cの方が滑らかに聴こえると感じるひとは多いんじゃないかな。

■ 実際の楽曲での応用

ここまでG7→Cというセブンスコードの特徴を見てきた。特徴を理解した上で、実際の楽曲に応用してみよう。

先入観を持たず、以下の2つの例を聞き比べてみよう。どっちがいい感じかな?

種明かしをすると、上の1つ目が、G→Cの進行。下の2つ目が、G7→Cの進行。

途中、ブレイクが入っているところがポイントだ。

上の例のブレイク前がGの場合、Gは不協和音ではなく安定感がある。だから、ブレイク前が落ち着いて聞こえ、ブレイク後のCで完全に終止する。

一方で、下の例のブレイク前がG7の場合、G7は不協和音なのでブレイク前に落ち着きがなく濁って聞こえる。その後にCで完全終止となる。

どっちがいいかは個人的な感覚に依存するけど、おれは、ブレイク前に安定感があるG→Cという進行のほうが濁りなく聞こえて好きだ。

今回の例で、ブレイクがない場合はどうだろう。以下の2つの例を聞き比べてみよう。

上記も、上の1つ目が、G→Cの進行。下の2つ目が、G7→Cの進行。

ブレイクがない場合、上の例のG→Cは、円滑に移動しないブツ切り感がある。Gが安定していて、その次のCで完全終止なので。

それに対して、下の例のG7というCに移るときにくっつきやすい和音がブレイクなく隣接する場合は、G7→Cという進行のほうがつながって聴こえる。

こんな感じで、G7というセブンスコードの特徴を把握して、実際の楽曲で使ってみてはどうだろう。

■ まとめ

セブンスコードについて、以下のような特徴を説明した。

  • セブンスコードは不協和音である。
  • 不安定→安定という視点からは、G7→CのほうがG→Cよりも変化が強い。
  • ブルーノートである第7音が半音下がったセブンスコードはすこし寂しく聴こえる。
  • G7→Cというコード進行は、コード構成音のなかで半音の動きが2つあり、G→Cというコード進行よりも滑らかな進行といえる。

こんな感じでセブンスコードを理解すれば、自分の曲の中で使いたいところでセブンスコードを使うことができると思う。

自分で作った曲があったら、Ⅴ7→Ⅰになっている箇所を探してみよう。そして、なぜⅤ7→Ⅰにしたのか、考えてみたら面白いとおもう。

または、Ⅴ→Ⅰの箇所をⅤ7→Ⅰにしたらどうなるか、試してみよう。試すのは簡単だから。試してイマイチだったら、元のママでオッケーだ。

セブンスコードを上手くつかって、作曲やアレンジに幅がでるといいよね。最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

声量アップトレーニング – 声量を下げるブレーキから解放

上手い歌い方の基礎テクニック | 楽譜に書き込む方法

第4弾シングル「Give and Forget」について