自信が持てない時は、自信を持つチャンスだ。こんな禅問答風のことを考えてみよう。

どうも!トランペット、サックスを使った「ファンキー」な音、新しい時代を自分らしく楽しく生きるための「歌詞」。ファンキー癒し音楽のルーク野村です。

どんな時に自分に自信があるか。どんな時に自分に自信がないか。

一般的な感覚では、他人に認められる、褒められると自分に自信が持てる。他人に否定され、けなされると自分に自信が持てないようだ。

でも、なんで自信を持つのに他人の承認や褒め言葉が必要なんだろう。心底落ち込んで自信を失った時に、ふと思った。

すると、実は、他人の承認や褒め言葉によって自信を持つという考え方自体が、ココロの癖というか慣れ親しんだ考え方のひとつにすぎない、ということに気づいた。

言い方を換えると、そんなココロの癖を手放したら、他人の評価に関わらず、自分に自信が持てるようになる。

ということで、自信を失った時に自信を取り戻す方法について、自信を失った経験に基づき書いてみようと思う。

■ 褒められて得られる自信

他人に褒められる。世間で評価の高いことを実現する。我慢して努力して成し遂げる。こんなことをして、他人や世間に認められることで自信が生まれるのが通例のようだ。

褒められて伸びる、という言葉があるくらいだからね。

ただ、他人や世間に認められることで自信を得るという考え方に基づいて生きると、自分の自信の有無が、自分以外の他人や世間の評価に依存することになる。

■ 心底自信がなくなったとき

ここまで考えると、自信がなくなるとは、他人や世間から評価されなくなったとき、ということになる。まぁ、一般的な感覚では、その通りだ。

俺も例に漏れず、他人や世間から評価されず、自信を失った。

さんざん理不尽なことを言われ、相手が勝手に怒って一方的に怒鳴られ、自分のいままでの経験を否定され、ということが続いたら、自信を喪失してしまった。

落ち込んで途方に暮れ、心底自信がなくなったときに、ふと、思ったんだよね。

 

「なんで、俺は、他人や世間の評価によって自信を持ったり持たなかったりするんだ?」

「他人や世間の評価なんて、自分の自信と関係ないじゃん」

 

別に、他人や世間なんて、俺のことが全部わかっているわけではない。俺は自分で自分の人生を生きていくのだから、他人や世間がどう思おうが、関係ない。他人や世間の評価と関係なく自信を持って生きるほうが合理的で楽しい!

こんな風に思ったんだよね。

■ 自分で勝手に自信をもてばいい

他人や世間の評価と自分の自信を切り離してしまう。そうすると、自分で勝手に自信を持つことができる。

いつでも、どんな時でも、自分は大丈夫だと思うことができる。

お気楽なもんだ。実に簡単に自分に自信を持つことができる。

他人や世間からの評価によって自信を持つのは、ひとつの考え方。他人や世間からの評価と自分の自信を切り離すのも、ひとつの考え方。いずれが正しい、間違っている、ということはない。

ただ単に、多くのひとが他人や世間からの評価によって自信を持つ、という考え方を選択しているだけ。

どっちを選ぶかは、あなた次第なんだよ。

俺は、他人や世間からの評価と自分の自信を切り離す方を選ぶことにした。そしたら、心底自信がなくなった時に、人生に自信が持てるようになった。

■ まとめ

自信をなくして途方に暮れた時に、他人のや世間の評価と自分の自信は関係ないことに気づいた。今まで関係づけていたのは、単に考え方。言い換えるとココロの癖なんだよね。

ココロの癖を手放してしまえば、他人や世間からの評価は関係なくなる。すると、おのずと自信が湧いてくる。

自信がない、と悩んでいるあなた。あなたは、単に他人や世間からの評価と自信とを関連づける考え方を採用しているだけ。思い切って考え方を手放すと、自信が持てて楽になるよ。

どん底まで落ち込んで自信をなくしたら、自信を取り戻す方法に気づいた。今となっては、どん底に落ち込ませてくれた他人に感謝だ。人生って、面白いよね。

最後まで読んでくれて、ありがとう!

■ 関連記事

豊かさとは何か – 豊かさ・幸せの意味

すごろくのルールに思う – 「上がり」のないすごろくを生きる人生

緊張して声が震える – 人前で緊張せずに歌うコツ